開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 知人の がん報告

<<   作成日時 : 2017/02/14 22:30   >>

トラックバック 1 / コメント 1

しばらくぶりに知人から届いたメールは がんの発見報告。。。。

看護職ですし、とても知的なかた。

超早期がん。 
今月末手術予定。


はて、どうお返事をしようか ・・・・ 数時間 考えました。

メールの文面はまったく慌ててはいない いつもの前向きな○さん。

医療に疎い人より、もっとお返事は難しい。。。

「超早期がんなら、早く見つかってよかった。」 
というところでしょうが、
互いに医療職であり、お互いの性格・知識レベルを知っている。。。


私のがんに対する考え方を率直に伝えたうえで、
(もちろん主語は“私は”)


「 ・・・・

 そこまで小さいものなら、とってしまえば治るかな。

 でも、手術したから治ったのか、
 最初からがんだったのか、はわからない。
 (同じ人間で比べることはできませんから)
 抗がん剤も同じ。
 (効果があったのか、それとも副作用に苦しんだだけなのか。。。)

 ・・・・・

 自分が決めたことが最善。それは そう。

 ・・・・・

 あなたの選択の成功を祈ります。  」

と、返信しました。


すぐに戻ってきたメールから、

専門医の様々な意見を知ったうえでの選択であることを知り、

自分の経験からの選択であることを知り、

どんな方針を取っても その結果がどう関連しているか
誰にもわからないことを認識しているのがわかりました。

患者として意思決定するにあたって、
どれだけ深い知識が必要かも熱く語っています。
「自己決定をするための説明が難しすぎる。」
「日本の医療界は、
 もう少し一般人向けに医療情報を発信していく必要がある」
これは、彼女がしようとしていることそのものなのです。


うん、うん。

やっぱりちゃんと考えた結果ですね。  (当たり前ね)

それに医師に遠慮する人じゃないし。 (たぶん 質問攻めでしょう)


なんでそんな小さいのを見つけちゃったんだろう? 
という疑問は残りますが、 (これは後ろ向き質問ですね)

自分で情報を選びとり、自分で決められるのだから、それが最善。


「ひとまず、頑張ってきます。」 って、歯切れがいい。

そうですね! 頑張って!


「ピンチはチャンス!」

口癖も一緒。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
私の「がん治療に対する考え方」の変化をたどってみました
このところ、がん治療について考えることが多くなりました。 ...続きを見る
開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切...
2017/03/26 21:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが医療従事者 冷静で 力強い対処ですね。
良い方向に進むと確信します。今は医学も進んでいます。
ハイジママ
2017/02/15 10:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
知人の がん報告 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる