開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 『6次産業』・・・・なるほど 〜川島町のパン屋さんの目指すもの

<<   作成日時 : 2017/02/23 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お花の先生のブログからの話題です。

リラックスファーム(新しいHPは準備中のようです)
「リラックスファームは
埼玉県川島町でブルーベリーを専門とする農場です
育てた農産物を加工し販売する『6次産業』に力を
いれています」


画像



















画像は 先生のブログから拝借です。

美味しいパン屋さんが近くにあったらいいなぁ。 


今日は、いつものスーパーの『クルミロイヤルブレッド』の日。
お気に入りのパンなので、いつも焼きあがってしばらくして
スライスできるころに買い物に行きます。

ところが、違うクルミパンに変更になっていました!

「え〜、売り切れるくらいに人気だったのじゃない?どうしてぇ?」
「スミマセン。上の者が決めたので。」
「クルミパン目当てに来てたのに、って上の方に伝えてくださいね。」
(クレームではありません。にこやかな会話です。)

結局、シンプルな「ロイヤルブレッド」を購入しました。
小さくなって、高くなってる!! ということですね。。。

こんな出来事があったわけです。




ところで、6次産業ってなんでしょう?

平成21年の 農林水産省「農業の6次産業化」という資料を見つけました。
○ 農業、農村の再生・発展のためには、意欲ある農業者が生産物の質的向上や差別化、加工・販売の一体化に取り組めるようにするとともに、農業と2次産業・3次産業との融合等を通じて新たな産業や需要(市場)を創出することが重要。
○ これにより、新たな付加価値を地域内で創出する中で、農業者が中心となってその果実を手にすることができるよう、所得の増大を後押しするための施策を戦略的に展開。

とあります。  


1次産業・2次産業・3次産業は小学生のころ知ったでしょうか?

4次産業は、3次産業から分離した情報通信産業。

はて、5次産業は?
第1次から第4次までの産業形態を自由に融合、分化させて、これまでになかった一種の不定形な産業を生み出す産業
ブログ:あきさんのひとりごと より)だそうな。

そして6次産業とは、・・・・
でも、これはどうやら「6番目の」という意味ではないようです。
「6次産業化に関連する主な概念等の整理」(農林水産省)
1.「農業の6次産業化」(1次産業×2次産業×3次産業=6次産業
6次産業化の概念及びその名称の普及において,今村奈良臣の果たした役割は大きい。
今村は,「農業の6次産業化」を「農業が1次産業のみにとどまるのではなく,2次産業(農産物の加工・食品製造)や3次産業(卸・小売,情報サービス,観光など)にまで踏み込むことで農村に新たな価値を呼び込み,お年寄りや女性にも新たな就業機会を自ら創り出す事業と活動」(1)と定義している。

農業経済学者の今村奈良臣氏が提唱した造語のようです。
掛け算的な発想なのですね。


平成21年というと 随分前のことです。

5次産業も、6次産業も、今日初めて知りました。
私が知らなかっただけかも。。。


面白い というか、どんどん曖昧な概念になっていくようですね。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク 鴻巣近辺

『6次産業』・・・・なるほど 〜川島町のパン屋さんの目指すもの 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる