開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS タバコ販売数の減少 〜それでも年間1000億本近い!

<<   作成日時 : 2017/02/07 16:07   >>

トラックバック 0 / コメント 4

タバコに対する規制が少しずつ強まって、
若者のタバコ離れが進んで、
でも、まだ年間1000億本近く国内販売されていたんですね。

もっと「たばこ税」を上げて欲しい。

タバコに縁がないので知らなかったのですが、
一箱300円前後しかしないのですね。


毒だとわかっているものを売ること自体が変。

タバコを吸うために仕事を離れることを認められることも変。

健康リスクを考えたら、所得税や消費税、健康保険料などより、
もっと集中的に「たばこ税」を高くしてほしいと思うのです。

健康に気を配って生活をしている人の税負担をこれ以上大きくしないでほしいと思いませんか。


タバコは、直接的に 喉頭がんや肺がんにつながるほか、
血液中に有毒物質が入って 全身の発がん性を高めます。
血流が悪くなるので 肌にも悪いのです。(老け顔になる!)
その他詳しくは、
喫煙の健康影響(厚労省 e-ヘルスネット)



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一箱千円以上でお願いしたいですね。
なぜ人はタバコなど吸うのでしょう?
ハイジママ
2017/02/08 06:56
数年前までタバコを吸っていました。
最初は興味や皆が吸っているからという理由でしたが、20代後半には完全に常習化してしまいました。
そうなると、止める事が出来ないと自分で思い込んでいて吸い続けていました。
値上げ・値上げでタバコ代もばかにならないし、健康の為に止めてみようと禁煙に挑戦。
結果、あっけなく禁煙出来てしまい拍子抜けです。(笑)
つい最近、血圧の為に行ったクリニックで「肺気腫」のなりかけが判明しました。
今までの、喫煙でタバコに払ったお金を計算したら約338万円です。
それだけ払って肺気腫になりかけている・・・無駄というのはこうゆうことを言うんですよね。

keitaro
2017/02/09 12:03
はじめまして。
本当にそう思います。
行きたいと思う飲食店があっても、全面禁煙のところでないところが結構あって、嫌になります。
歩きだばこの人もいますしね。 受動喫煙のことをどう思っているのでしょうね。 つい愚痴っぽくなります。
夢子
2017/02/09 12:28
オリンピックを機に禁煙が広まると期待したのに、どうやら除外規定がたくさんできてしまうようで世界に恥かしい!

keitroさんのタバコ代は300万円越えですか。
お金を使って病気になるなんて!ですよね。
禁煙したからそれで済んだ と考えましょう。

話題になった「オプシーボ」に加えて、さらに「キイトルーダ」も保険適用になります。価格は同様。進行した肺がんも適用に含まれる。
個人の負担は自由ですけれど、国民が日々の生活を切り詰めながら払い続ける国民健康保険の使い方として これでいいのだろうか。。。
医学の進歩が国民の幸福に向かっていないようで 虚しくなります。
栗原
2017/02/09 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
タバコ販売数の減少 〜それでも年間1000億本近い! 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる