開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オプジーボ」の適用が広がる 〜患者にとって有益か?

<<   作成日時 : 2017/03/05 16:03   >>

トラックバック 1 / コメント 0

高額がん治療薬として注目を集めた「オプジーボ」ですが、

昨日の新聞では、
さらに 頭頸部がん にも適用を広げると報道されました。


でも、適用は 転移がんや進行がん。。。
治るわけではないのです。

がん細胞は自分の細胞から発生したもの。
ほんの一部の遺伝子変異があるだけといわれます。

薬の効果が、そのまま自分の体全体(正常細胞)を攻撃します。

「副作用とされるのは 薬の効いている証拠。いわば主作用。」
昨日のがん患者会でもそんなお話がでました。
間質性肺炎、筋炎、大腸炎、甲状腺炎、・・・・・

がんが進行し体力が落ちている体に使うのです。
すでに他の治療をしているのが普通かもしれません。
そんな抵抗力のない体に使って本当に効果を感じるものでしょうか?

効果は、
医師にとっては画像上がんの塊が多少とも小さくなる とか、
腫瘍マーカーの値のあがるのを多少とも抑えられる とか、  ・・・。

でも、治療を受けるほうは どんな経験をするのでしょう。。。
命の長さも本当に長くなるのか?    ・・・・分かりません。


高い費用を払って、辛い治療をを選ぶのはなぜなのか。

果たして自分らしく生きる時間を長くすることができるのか。


従来の 殺細胞性抗がん剤 と同じではないかしら。。。


自分の人生の一部、人生の最終章。

どう生きますか? どうしたいですか?


医師任せでなく、家族の希望でなく、自分で選んでいただきたい。


と願っています。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
渡瀬恒彦さん「多臓器不全」 ・・・から考える。。。
渡瀬恒彦さん死去 72歳 のニュースが入ってきました。 ...続きを見る
開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切...
2017/03/16 10:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オプジーボ」の適用が広がる 〜患者にとって有益か? 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる