開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログというものの力

<<   作成日時 : 2017/06/30 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。

芸能界に疎い私にも
麻央さんのブログの評判は聞こえてきて、
ここ数カ月 時々訪問していました。
(それまで 小林麻央という人を知りませんでした)


私が初めて麻央さんのブログ訪問したのは4月ごろでしょうか。


不謹慎でごめんなさい。

私は、
麻央さんが「なりたい自分になる」といって書き始めたと聞いて、
[最期の時間をどのように生きぬこうとするのだろう]
そんな関心を持って訪問していました。

ご存知の通り、訪問者の数は半端じゃありません。

新しい記事がUPされると同時に
コメントが次々と書き込まれていきました。。。

訪問するたびに、
新しい記事はもちろん読ませていただきましたが、
そのコメントをいくつかさかのぼって読んでいくことで
世の中一般の方々の麻央さんへの思いを知ることになったのです。



最期の一か月。。。 一週間。。。


40度前後の高熱。

口内炎。

骨転移の痛み。(なぜ疼痛コントロールが十分できない?しない?)
 ・・・・
次第に病状が厳しくなります。


そんな中で
「笑うこともリハビリ」 という麻央さんの言葉。

コメントには、
「笑顔をありがとう」
「ブログ更新ありがとう」
という言葉がたくさんありました。。。

笑うことによって自らの気持ちを高めていたとも考えられるのですが、

正直なところ痛々しかったです。。。


2倍にも浮腫んでしまった足の写真に、
「麻央さん、もう無理しなさんな。」


そして、

最期のブログ 「オレンジジュース」

その笑顔は、

[口角を上げて 懸命に笑顔をつくっている]

そう感じて、もう見ていられませんでした。
思わず閉じてしまいました。



でも、・・・・

誤字や脱字もない。

スペースも均等に入る 完成された内容でした・・・ね。


こんなことを言ったら叱られてしまうかもしれませんが、

想像できる病状の中で、
こんな整ったブログが書けるものでしょうか・・・・。
(もちろん、口頭での言葉を代わりの人が記事にしたっていいのです。)


麻央さんのブログは、素晴らしいブログでした。

感謝の言葉がちりばめられた暖かさ・強さが
多くの人の心を惹きつけました。


ですけれども、・・・私が気になったことは、

ブログを通したつながりが麻央さんの支えになっていたのでしょうに、
それが なんだか いつの間にか
ブログの読者のために書き続けていなかったか、
麻央さんとその家族の大切な時間を削ることになっていなかったか、
そんなことも考えてしまいました。
(それを麻央さんが真に目指していたなら良いのですが。)

ブログが麻央さんの「表の顔」になってしまった・・・かもしれない。

本当のこころは、麻央さんにしか分かりません。。。

麻央さんは、
「なりたい自分になる」という解決像に向かえたでしょうか。




著名人のがん闘病記が
一般の国民に与える影響はこれまでも大きいものでした。

乳がんといったら麻央さん。
これからは そう語り継がれていくかもしれません。

今日のニュースでは、「ブログを英訳して世界へ」 。
(すでに最初のブログが英文でUPされていました)

麻央さんの願いと一致するでしょうか。。。(私は少し違和)



麻央さんのブログは、
小林麻央という一人の人間の生き方を綴ったものとして
誇れる価値があると思います。


でも、乳がん患者の代表とは言えない・・・ように思います。

同じ乳がんでも、状況は一人ひとり異なりますから。


緩和ケアも、

在宅療養も、

まだまだ 十分なものではなかったように感じるのです。

(つぎ込める財力があっても なお難しい。。。
 その他の制約はあった?かもしれません。)





そして、・・・・

ブログというものについて考えました。


ブログで知ることができるのは、
本人が読者を意識して表現するものですから、
日常のごく一部の切り取り。

プロフィール公開している場合は、
やはり「表の顔」になってしまうのは避けがたいでしょう。

プラス思考は、マイナス感情をできるだけ早く切り替えてこそ成り立つ。
感情は自然に湧きあがってくるもの。
思考は意識・理性の働き。
どんなプラス思考の人でも、その変換を図る「間」があると考えます。


[ いいことばかり書いてる・・・かな。。。]
それを自分自身の中にも感じて、考えてしまいました。

私は、
自分がどんなことを考え、どんなことに関心を持っているか
それを知っていただきたくて書いています。

書きながら
自分の頭の中を整理したり、
思いがけないこころに気づいたり、そんな利もあります。

日常生活は価値観の最も現れるところでしょう。

できるだけ「素」の自分を表していきたいなぁと考えています。




ウェブ上の公開日記 

(WebをLogする → ウェブログ → ブログ)
 
・・・少し前までは とても考えられなかった世界です。





それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログというものの力 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる