開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯磨剤のフッ化物配合濃度上限が国際基準になりました

<<   作成日時 : 2017/08/02 11:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

サイドバーに紹介していました歯磨剤『チェックUP』ですが、
フッ素濃度を上げたリニューアル品が出ました。

フッ素濃度が950ppmから1450ppmと高濃度になりました。

日本国内でのフッ化物配合歯磨剤のフッ素配合上限は1000ppmでしたが、国際基準(ISO)と同じ1500ppmを上限として許可されたようです。

スタンダードのものだけでなく、

加齢に伴う歯根の露出に対応 したものも見つけました。

ジェルタイプ(研磨剤無配合・低発泡・低香味)


お値段は一般の歯磨き剤に比べると高めですが、
そう多量に使うものでもありません。
次はこちらを購入しようと思います。





歯磨きに気を遣い・定期健診も当たり前になりつつあります。

歯ブラシや歯間ブラシ、歯磨き剤の選び方にも
気を配っていきたいですね。



それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歯磨剤のフッ化物配合濃度上限が国際基準になりました 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる