開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS mindfulness (マインドフルな状態)は素敵なこと!

<<   作成日時 : 2017/08/12 23:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今は本名を公開していますが、
ブログを始めたころのニックネームは、*mindful* でした。

当時の私が(今もですが)とても大事にしていたこと。

“mindful” の意味は、
〜を心に留める
〜を気にかける

私の中では、その名詞形(ness)ですから、“mindfulness”は、
「目の前の現象に、意識(mind)を常にいきわたらせている状態」 
という感じでしょうか。
事の善悪ではなく、人間に関することもできるだけ客観的にとらえようとします。
言葉、表情、しぐさ、間、ストーリー、その他さまざまなことを情報収集し意味を統合的に考えようと努めます。


近頃は、
「マインドフルネス」という名詞形がよく聞かれるようになりました。
ほぼ「マインドフルネス瞑想」とイコールで使われることが多いようです。

瞑想 ・・・・
と聞いて、(私には)違和を感じてしまいました。
宗教的な感じがしたのが理由です。私は無宗教。
(他者の宗教は尊重します)

そういえば、
内容を調べてみることもしていなかったことに気づきました。

まずは、言葉を検索。
「瞑想とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。」(ウィキペディア)

そして、「マインドフルネス瞑想」を検索すると、
10分間マインドフルネス瞑想2016年版(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート)
試しに10分間ユーチューブを視聴してみました。
自分の呼吸に意識を集め、頭に浮かんでくることをジャッジしないで集中をまた呼吸にもどす。
 ・・・・
どんなものなんだろうと考えながらやってみましたので、
(正しいやり方ではありませんね)
意識して呼吸の動きに集中できても、当然のように
[目的はなに?]
[最終的にどう終わるのかしら?]
[普段考えすぎている人には頭を休めるのにいいかも。。。]
とか実に様々な雑念?が浮かんできました。

終わってから私の気づいたこと。(正しいかどうかはわかりません)
これって、
「考えるな」と指示することで、
逆に内なる考え・思いを出させ、意識させるっていうこと?!


その後、改めて
このユーチューブの提供先MLIのHPを訪問。

「マインドフルネスとは」のページを読むと、
ほぼ私の認識と一致していました。
ポジティブ心理学の分野の研究者である心理学者タル・ベン・シャハー氏は、著書「ハーバードの人生を変える授業」(大和出版)のなかで、「自分がしていることを十分に理解し、判断や評価なしにいまの瞬間をできるかぎり受け入れるようにすることです。『いま、ここ』に焦点をあて、やっていることを体感し、好き嫌いにかかわらず湧きあがる感情を味わっていることがマインドフルな状態です。」と書いています。

「よくある質問」のページも参考になりました。

知的活動を仕事にしている人たちにとって、
こうして何も考えない時間をつくることは脳を休め、
創造へとつながる新たなエネルギーを生み出すことでしょう。
※MLI は、2014年に日本で初めてGoogle本社で開発されたマインドフルネスに基づくリーダーシップ開発手法・“Search Inside Yourself (SIY)コアプログラム(2日間)を開催


マインドフルネス瞑想+マインドフルな日常的行動
⇒ マインドフルネスの習慣化


そうか、これが本来のマインドフルネス瞑想の使われ方なのですね。



逆に普段、あまり考えることをしていない場合にはどうでしょう?
(考えずに無意識に従って生活している人って案外多かったりします)
私がお試し体験で感じたように、
普段は意識していない様々な感情や考えが自分の中にある事に気づくことができるのではないかしら。
あるサイト(出典を忘れてしまいました)にも、
「気づいている自分に気づく」これが瞑想の目的のひとつ、
とありました。

マインドフルネス瞑想は、日常的に簡単に取り入れられそうです。
(「瞑想」と言っても仏教と関係づける必要もないでしょう)
自分の心の中をゆっくりさせて、自分の心とお付き合いしてみるのもいいですね。
湧き上がってくる雑念に気づいてもジャッジしない(良い悪い判断をしない)で受け入れる、というのが大切です。
「こんなことを考えてはいけない」なんて抑圧したら、
いつまでたっても本当の自分の姿が見えませんから。


ネガティブな感情がない人はいないのです。
だから、
どんな感情も思考も 受け入れればいいのです。
それが自分を認めるということ。


mindfulness(マインドフルな状態) は、
やっぱり素敵なこと!





それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
mindfulness (マインドフルな状態)は素敵なこと! 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる