開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS がん患者会 (2017年 9月 サルビアの会・家族会) に参加

<<   作成日時 : 2017/09/03 19:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

古河市の福祉の森診療所で開かれている がん患者の会「サルビアの会」 に参加してきました。


○さんは26日に手術を決めたそうです。

「術前の抗がん剤治療はしないで手術することにした。
決めたら、スッキリした。 (フフフ)
たぶん術後に抗がん剤はやると思うけど、まずは手術。
 ・・・・
入院前だから、16日のフォーラムにも来られる。」

古河市でのかかりつけ医を赤荻先生に一本化し、
すでに治療の選択のための意見もいただいているようです。

良かった!笑顔がいつもにも増して明るい。



○さんの治療方針についてお聞きした後は、
今日は家族会なので、いつものように「検査」のことが話題になりました。

胃がん健診(胃内視鏡検査・胃透視検査・ピロリ菌検査と除菌)のこと。

大腸がん検診(大腸内視鏡検査)のこと。

そして、高齢者の運転免許にかかわる認知症検査のこと。

         ・・・・・etc
それぞれが経験したことが多い検査ですから、
次々に質問が飛び出します。
それはみんなの疑問点に重なることが多いのです。
家族会では、
家族を送ってからの気持ちの支援だけでなく、
こうして健康・医療知識を身に着けていくことができます。

がんに限らずの健康相談会ですね。
全国的に見てもこのような場はそうはないでしょう。


運転免許の更新に伴う認知症検査について話題を挙げたのは、
82歳になるKNさんです。
診療所で受けた認知症検査は合格。
「でも、大丈夫かしら?すぐ忘れちゃうんですよぉ。」
(SSさん)「KNさんは、運転するときは人が変わるの。」
どういうことか。

首都高を使って、今でも東京に出ていくそうです。

これにはみんなびっくり!!です。



そして、次回16日のフォーラムについての打ち合わせ。

「家族会からもできれば一人は話してほしいですねぇ。」と先生。

家族のがんを知って
どうしてこの会に参加するようになったか
参加してみて どんな良いことがあったかを
ごく普通の言葉で話してほしい。
患者の立場とはまた違う苦しみ・辛さがあったはずで、
家族を亡くしたのちも参加し続けるのには何があるのか。

SSさんは、少し迷いを感じていましたが
「そうね。
勇気を出してやってみるのも貴重な体験かもしれない。」
そう言って、準備してみることになりました。



Kさんは、16日にはご主人の1周忌法要、納骨を予定しています。

「慣れたでしょ、なんて言われるようになったけど、
いない生活には確かに慣れてきたけどね、・・・・
でもね、仏壇に向かって話しかけたって返事がない。
 ・・・・
亡くなってからのことより、亡くなる前のことだね。
前の日にできたことができなくなる、
次の日にはまた一つできなくなる、
そのことを思い出しては辛くなる。。。
 ・・・・
お骨を置いといてもいいんだけど、“けじめ”って言われてね。
けじめかぁ・・・と。」

まだまだ本当はKさんはお骨をそばに置きたかったのかな。。。
そんな気持ちを感じました。

葬儀やお墓の考え方もずいぶん多様化してきましたが、
まだまだ“しきたり”というものが日常には残っていますものね。


「いつもそばにいるのよ。私はそう思ってる。」(SSさん)


法要の話が出て、○さんも話に加わりました。
○さんは、このところ身近な人を立て続けに亡くしています。

前回の治療を終えて退院した日にお義母さんが亡くなったそうです。
「私の帰ってくるのを待ってくれたのかもしれない。」
そう思って行動したそうです。
(〇さん)「来年は三回忌だからそれまでに退院してこなくちゃ。」
(MYさん)「そうだね。死んでいられないね!」
(〇さん)「そうなのよ!」
サラリと入れたMYさん流の励ましでした。

皆の笑い声の中、今日は閉会となりました。






それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
がん患者会 (2017年 9月 サルビアの会・家族会) に参加 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる