30年ぶりの再会

大学時代の夏休み短期アメリカ留学の仲間と約30年ぶりに再会です。

15人中9人が集まりました。
海外から一時帰国。九州から。都内での会議の合間をぬって。etc.

アラバマ大学での学生寮生活、ホームステイ。
懐かしい思い出話にいっぱい笑ってきました。
30年たってみな50代になりましたが、会話のテンポは当時のまま変わりません。
別れ際に道路でhugしあって、通行人に振り向かれてもなんのその。
「ここは、日本よ!」(・・・聞こえません)

思えば、
・・・苦手だった英語を何とかしようと、思いきってとった行動でした。

“自分の意見を言うまでじっと目を見て待ってくれる”(当時の私には苦痛でしたが)
“単語を並べただけでも、相手は何とかしてわかろうと努力してくれる。わかったふりをしない”
日本とは違うそんな空気(文化)を感じて、それからの私の態度が変わり始めたように思います。

日本の看護学が、アメリカの方を向いて一生懸命学びとろうとしていた時代でした。
今日の参加者9人中4人が看護職。
皆様の活躍が頼もしい限りです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック