ナチュラルの真珠の美しさ

真珠に惹かれるようになりました。

このところの真珠ブーム。
「使ってみよう」と箱からだしてみるものの
大粒のフォーマルネックレスでは日常使いしようとしてもためらってしまいます。
(それほど人の目を気にしない私でも・・・笑)

あこやの「ナチュラル・越物・バロック」 ・・・ これが私の惹かれている真珠です。
何のお化粧もしていない、自然のとれたままの色味。干渉色が素晴らしい!
時間をかけて育って巻きが厚く、テリテリ。
形だけが“えくぼ”や変形のために、花珠から外れてしまうのです。

でも・・・、
バロックの一つ一つが個性であり、それが職人さんの手で連になって全体としての調和を生み出す。

ピンク・グリーン・ゴールドの干渉色が織りなす個性的な色味。
画像

こんな色の真珠があるなんて。実物は画像以上。

本当に美しいなぁ、と思うのです。

花珠といわれる最高品質の大粒のものは高価ですが、
こちらは大きさも7.5~8mmですしお値段もお手頃。

私の場合、ネットで出会った志摩市のお店を利用させていただくようになりました。
入口はインターネットでも、電話やメールで直接お話をすることができます。
電話の声を聴けば、お人柄はわかります。
長さ調整や抜珠でのチャーム作成など、真珠の街ならではのオーダーも可能。
ご主人の技でオールノットに仕立て直していただきました。
(画像は購入前のものをお借りしましたのでクッションが入っています)


ナチュラルシルバーブルーのベビーパールも素敵だなぁ・・・
出会いを待っていま~す。

真珠を商品としてしか見ない方が売る真珠 と 真珠を愛し大切にお届けしてくださる真珠。
真珠の境遇も様々かもしれませんね。


今日は、ちょっと医療とは離れて、美しい真珠のお話でした。


【7月10日追記】
美しい真珠ができるためには、生産者の方々の大変なご苦労があるのですね。
びっくりいたしました。→
大切にいたしますね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック