ミーちゃん、夏を頑張る

3月から外猫になった ミーちゃん。

6月でたぶん1歳。
(捨て猫なので、誕生日はわかりません)
この暑い夏も、外で乗り切っています。
去年の夏は 日中はエアコンのある室内で過ごしたのですから
初めての“夏”越しです。

既に首輪は4ケ目。
(事故防止のために外れやすくなっているので、失くしてきます)
葉っぱやくっつき草を体につけて帰ってきますから、
きっとどこかの木の枝にでもひっかけて外れてしまうのでしょう。

朝はテラスで待ち、涼しくなる夕方には帰ってきます。
雨の日には、テラスの猫小屋に避難していることも。


朝はドライキャットフードですが、
夕食にはお刺身を食べるのがあたりまえになってしまいました。
初めは焼き魚やレンジ加熱した魚も食べたのですが、
今では、マグロ or ブリ or カツオ・・・お刺身を私と同じくらい食べます。
食欲で動物の元気はわかりますネ。

ミーちゃんのために 私たちも毎日夕食はお刺身です。
買い物も毎日いかなくてはなりません。
「この暑いのに外なんだから 栄養のあるものを食べさせてやらないと」(夫)
贅沢な猫にしてしまいました。
(でもキャットフードは一番安いものでOKなんです)

一日2回の食事パターンになって、
私たちの外出もずいぶん気が楽になりました。


夕方、庭で鉢に水をやっていると
気配を感じてか 「みぃ~」 と帰ってきます。

東側の日陰でしばし膝の上に抱っこ。
子猫の時と同じように 両手を交互に動かしながら
私の手のひらを吸います。

生まれてすぐに捨てられてしまったせいか
おっぱいを吸う動作をして甘えるのですね。


暑さをしのぐ どこかよい場所を見つけているのでしょう。

お隣の古い蔵や大きなお庭のどこかでしょうか。

食事の後は毛づくろいをして、トコトコと出かけていきます。


時折 ご近所からも ミーちゃんに話しかけている声が聞こえます。


先ほどから、急な土砂降りと雷。
「ミーちゃんは大丈夫かなぁ。」 と少しだけ気になります。

雨が上がって・・・
夫は、
「ミーちゃんが帰ってくる前に買い物に行ってこないとね。」 と
スーパーへ出かけていきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック