「まちの駅」で「認知症サポーター養成講座」を受講

認知症サポーターキャラバン をご存知ですか?

高齢者人口の増加とともに 深刻な問題になっているのが
認知症の人や家族を どのように支えていくか ですね。

2005年に始まった「認知症を知り 地域を作る10ヵ年」構想は、
2014年度で10年目を迎えます。
2014年度の到達目標は、
「認知症を理解し、支援する人(サポーター)が数多く地域に存在し、すべての町が認知症になっても安心して暮らせる地域になっている」
です。
当初は100万人のサポーター養成を目指したようですが
平成24年6月現在で300万人を超え(厚労省発表)、
今日のお話では400万人を超えたとお聞きしたような・・・。
「キャラバン メイト」という 講師役 の人材も同時に育成し、
地域や職場、学校など 官民一体で取り組んだ結果、
目標を大きく上回る成果を上げているようです。

認知症について、
私は もちろん知識としてもある程度理解しているつもりですし
医療従事者として認知症の方とかかわった経験もあります。
介護する方の大変な日常をお聞きする機会もあります。
ただ、実際に同居した経験はありません。
医療職として短時間かかわるのと、24時間共に生活するのでは
負担感が全く異なることは理解しています。


今日は、認知症サポーター養成講座の実際を体験したくて参加してきました。
どのような方が 参加されるのか。
どのような講座の内容なのか。
参加者の反応はどのようなものか。・・・etc

今日の会場は、 商店街にある「まちの駅」という交流サロンでした。
参加者は比較的年配の方が多く、
DVDや 標準パンフレットをつかって、比較的ゆっくりと進められました。
認知症の方を実際に介護している方ではなく、
認知症について知りたい方がほとんどのようでした。
DVDでのかかわり方の 悪い例・良い例 では、 「ほ~」と声があがっていました。

終了後、講師役の地域包括支援センターの方と 身分を明かしてしばし談笑。
今の自治体の活動の様子を 現場の方からお聞きする機会は貴重です。
市外の職場に勤めていると、自分の住む街のことが案外分からないものなのです。(ここ数年間 単身前橋で暮らしていたせいもありますね。)


講習を受けたので、私も「埼玉県 認知症サポーター」に登録されました。
同時に 鴻巣市独自の「ご近所みまもり隊」にも登録です。

他の病気もそうですが、
まずは 病気についての正しい理解が大切だと思います。
養成講座は 全国の市町村で 多数開催されているはずです。
多くの方に 認知症サポーター になっていただきたいなぁと思います。

認知症カラーは、オレンジ。
認知症サポーターの印の オレンジリング(ブレスレット) と 登録証 です。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック