エストロゲン と 血中脂質 ~『心臓病のリスクは女性の方が高い?』について

心臓病のリスクは女性の方が高い?」について

エストロゲンは様々な働きで 女性を助けてくれています。
ですから、閉経とともに、血中LDL値が高くなったり、
骨密度が急激に下がったりしてしまうんです。



今日は、エストロゲン(女性ホルモン)と血中脂質の関係について。

コレステロールや中性脂肪は、それぞれ単独では水に溶けないので、
血液中では “リン脂質”や各種“アポ蛋白”とくっついて
「リポ蛋白」と呼ばれる複合体をつくって存在しています。
そして、血中にある コレステロールを含む「リポ蛋白」は、
細胞膜表面に分布する「リポ蛋白受容体」を介して 細胞内に取り込まれます。

エストロゲンは、いくつかある「リポ蛋白受容体」うちの
「LDL受容体」の活性を高める働きをしているんです。
ですから、エストロゲンの低下は、血中LDLの細胞内への取り込みを低下させ、
血中LDLの値を上昇させます。
血中LDLは、動脈硬化を進める 悪玉コレステロールですね。
(LDLは、細胞内で分解され、コレステロールは細胞壁の構築素材として、
あるいはステロイド合成などに使われます。)

HDLは、LDLと反対の働き(血管壁にたまる余分なコレステロールを肝臓に運び戻す)をします。
善玉コレステロールといわれる所以です。
HDLは運動をすると増えますし、中性脂肪(TG)が下がると高くなる傾向があります。
(血中LDL値も TG値も変化させることなしに、HDLだけを選択的に増加・減少する手段がないので、HDLを増加させることによって動脈硬化の発症が防御できることを実証した臨床介入試験はほとんど見出すことができない。…ようです※。)

血中脂質について 研究も進んでいるのですが、
まだまだ分からないことも多いようですね。
近頃では、血中脂質の量だけでなく “質”も注目されているようです。


ところで、LDL とかHDL・・・何の略語かご存知ですか?

コレステロールを含む「リポ蛋白」は、比重の軽重に従って次のような分画に分けられているんです※。

①カイロミクロン( chylomicron ) d<0.93
②超低比重リポ蛋白(very low density lipoprotein , VLDL ) d<1.006
③中間比重リポ蛋白(intermediate density lopoprotein , IDL ) d:1.006~1.019
④低比重リポ蛋白 ( low density lipoprotein , LDL ) d:1.019~1.063
⑤高比重リポ蛋白 ( high density lipoprotein , HDL ) d:1.063~1.210

そう、④と⑤がおなじみの LDL と HDL ですね。

血中脂質の代謝過程では、それぞれが複雑に絡み合って
とっても難しいのです。 (^^;

※私が参考にしている情報は、
  「高脂血症心療ガイド第2版」(村瀬敏郎著 2013年 文光堂) です。


参考 ★『更年期におけるホルモン補充療法』(8/5)



この記事へのコメント

2014年09月11日 06:34
おはようございます~
詳しい説明ありがとうございました。
私は、もし若かったら病気の人の内臓脂肪を切り取って成分を調べ、病気ごとにどういう偏りがあるかを調べたいと思うんですよ~!
もう今更遅い!
でも、食べた物と自分の脂肪の成分や病気とどうかかわりがあるかってすごく興味あります。
ちょっとタイトルとは違ったコメントですが。。。
閉経前後は色々身体の不調があって、エストロゲンの影響が強いと思います。
それと、、、
乳がんの母は薬を飲んでいます。
もう85を過ぎた母が、(?_?)なぜまたホルモンの薬を?
って思うのですが、歳を取ってもまだまだ女性ホルモンは出ていて、若い人と65歳以上の人の薬は違うそうですが、ごくわずかなホルモンを抑える為の薬です。
閉経してもまだまだホルモンのお世話になっているのですねぇ~
2014年09月11日 11:44
人間の身体は 確かに食べ物による影響が大きいですね。
ただし、食べたものがそのまま身体の成分になるかというと、それほど単純ではありません。
口から肛門までは 医学的にはまだ「体外」。消化管の毛細血管壁を通って初めて「体内」に取り込んだことになります。そして、身体組織の中では身体の状態を適正に保つために、様々な作り変えが行われます。
血中コレステロールも 食事由来のものは一部で、多くは肝臓で合成されています。コレステロール摂取に対する感受性(食事コレステロールの取り込みやすさ)も個人差が大きいのですが、概して高コレステロール血症患者は感受性が高いといわれていますし。食品中の脂肪酸の取り方のほうが 血中コレステロール値には 影響が大きいですね。
中性脂肪も同様です。例えば、食べたケーキの脂肪が そのままの形で自分の血液中や肝細胞・皮下脂肪になるわけではありませんものね。(笑) 消化管壁を通り抜けるには、一度 消化により通る抜けることができる“形”に変わらなければなりません。
(世に出回る多くの“健康に良い”と宣伝されるものの多くは、果たして・・・???)
つまり、自分の身体に必要なものをバランスよく必要な量だけ“食物”として取り入れることが 大切だと思うのです。

いくつになっても「興味・探究」は大事ですね!   (^_-)-☆
2014年09月11日 11:52
乳がん手術後の抗ホルモン療法について

エストロゲンは、乳がんや子宮体がんの発症確率を上げることがわかっています。(更年期のホルモン補充療法では、黄体ホルモンも同時に使いながらこれに対応し、がんの検診も行っていきます。)
乳がんには 同様にエストロゲンによって乳がん細胞の増殖を促すものがあります。ですから、組織検査では エストロゲン感受性(ER)・プロゲステロン感受性(PgR)を調べ、これらホルモン感受性がある場合には ホルモン療法が標準治療としておこなわれます。(ホルモン依存性の乳がんの増殖を促すエストロゲンが働かないようにする治療法ですので、“抗ホルモン療法”というのが正しいかもしれません)
閉経前、閉経後では使うお薬も異なります。
閉経後の人では、エストロゲンは 副腎から分泌された男性ホルモンをもとに脂肪組織などで作られます。男性ホルモンからエストロゲンを作るときに必要な酵素の働きを抑える作用を持つ“アロマターゼ阻害剤”が 最近では 抗エストロゲン剤に代わる治療法として広く使われているようです。

ろびままさんのお母様は このお薬を飲んでいらっしゃるのでしょうか。
ほんとうに 人間の身体は 様々な仕組みで調節されているものですね。

この記事へのトラックバック