チャタテムシとアレルギー ~本の埃の中のカビがエサですか

外出する準備をしながら、NHK「あさイチ」を聞いていて、
チャタテムシなる1mmほどの虫のことが耳に入りました。

すぐに本棚で見かけたことのある小さい虫のことだとわかりました。

どこの家にも必ずいるという、体長1ミリほどのチャタテムシ。これからの季節は
多くが死にますが、死骸が細かい粒子となり、それを吸い込んだり、汗腺から
体内に入ってしまったりすることでアレルギーを引き起こす恐れがあります。

最近の研究では、アレルギー性ぜんそくの5人に1人がチャタテムシに対して
アレルギー性反応を示すことがわかりました。また、アレルギーの専門医によると、最近増加している大人のぜんそくの原因としても、チャタテムシが考えられるそうです。


このチャタテムシは、別名「本じらみ」とも呼ばれるほど、本棚に多く集まります。
これは、掃除を怠りがちな本棚の本の上にほこりがたまり、その中にエサとなる
「アスペルギルス」というカビが発生するためです。

(あさイチのHPから)


本の整理をしていると、古い本の扉から何やら動くものが・・・。
ダニの形態ではないし、いったい何だろう? って思っていました。
悪さをしているようには思えなかったので、
時々本棚の扉をあけて通気を良くしたりしていましたが・・・、

その死骸がアレルギーのもとになるなんて!


ピッとつながったのが自己管理させていた息子の部屋でした。
この春先には 
「なんだか最近 咳がよくでるんだよね。」
「掃除をしないからよ。」
「埃なんかで 病気になんかなるかよ!」
「きれいな空気は 健康の基本です。アレルギー反応かもよぉ。」
「・・・、掃除か・・・」 (ちょっとマズイと思ったみたいですね)
もしかしたら、・・・・・。
オープン式の本棚が3つもあって、たっぷり埃をかぶっていました。
今思えば、間違いなく危険な環境でした。
(独り立ちしたので 本棚ごと処分して 今はきれいな部屋です)


私の部屋の本棚も、掃除の機会を増やさないといけませんね。
埃の中にアスペルギルスがいるなんて ぞっとします。

(アスペルギルス自体も アレルギー性の肺の病気を起こすことがあります)  


チャタテムシは 和室の隅っこにも見かけたこともあるような・・・・。

掃除機をかける回数も増やそうと思います。


まずは これから早速 本棚の整理を始めましょう っと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック