サルビアの会(11月患者会)に参加

茨城県古河市のがん患者の会 に参加してきました。
「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち

今日は ご主人の療養を支える I Dさんが 初めて参加して
様々な現状をお話しされました。

 治療の経過。
 ご主人の様子。
 自分に何ができるのか・・・。
 これから どうしたらいいのか・・・・。

主に赤荻先生がお応えになりましたが、
参加者みんなが支えになろうとしていることを
感じ取っていただけたのではないかと思います。

 一人でいると 悪いことばかり考えてしまう。

涙の中に うっすらと笑みがうかんだように思えました。

これからは みんなに支えられながら、ご主人を見守っていかれることでしょう。


YGさんにも初めてお会いしました。
「検査の結果、がんが消えていました。」 と嬉しいお知らせ。みんなで
その要因の一つとして、病院で栄養士から食事のとり方を助言してもらったことをあげていました。
「おかげで、少しふっくらしたでしょ、私。」
食べることで 治療を乗り越えたということでしょう。
頑張り屋のYGさんは、
一人暮らしで 足が不自由な中、食事に気を配っています。

食べることは生きること。

TJさんも、奥様の食事への気配りについて語り 感謝していました。


お話の内容は、数回に分けて赤荻先生のブログに記されます。

サルビアの会11月患者会(その1)
サルビアの会11月患者会(その2)
サルビアの会11月患者会(その3)
サルビアの会11月患者会(その4)
サルビアの会11月患者会(その5)
サルビアの会11月患者会(その6)
サルビアの会11月患者会(その7)
サルビアの会11月患者会(その8)

ぜひお読みになって がんや医療について考えてみてください。
UPされるたびに、記事を追加リンクしていこうと思います。


「サルビアの会」との出会い→★(8/16の記事)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「サルビアの会11月患者会に参加」について

    Excerpt: 「サルビアの会11月患者会に参加」について 私のブログを紹介していただき、ありがとうございます。ひとりでも多くの人に読んでいただければいいですね。 Weblog: 「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち racked: 2014-11-16 13:34