外食の機会が増えて・・・

あまり外食の機会がなかったのですが、
このところ夫と外で食べることが増えました。

月に2回 茨城へ、
今日は歯科健診のため前橋まで、
運転が好きな夫の車で移動しています。


でも、夫は美味しいお店を探すような人ではなく、
仕事の時に利用するファミレスを使います。
私などは、ファミレスの食事よりは コンビニのサンドイッチの方が美味しい
と思うのですけれど。


今日は前橋にある美味しい和食のお店 みずほによるつもりでした。
ところが、
残念なことに、法事のお客さんでいっぱいで、一般客は無理。 (悲)
手頃なお値段で 美味しい ランチ寿司 が食べられるはずだったのに・・・・。

仕方なく、帰り道をキョロキョロ。
「セブンでいいけど。」 といっても聞こえない。
(嫌ってことでしょうね。)

ステーキM を見つけて 「ここでいい?」
私は、「どこでもいいけど、まずいのは嫌だなぁ。」


ランチメニューでも食べきれないくらいの量。
やっぱり、塩辛い。
夜になった今でも、舌に塩辛い感覚が残っています。

夫は「美味しいよ」って 言いますけれど、・・・・ん~。

家では、私の作る食事を摂っていても
お昼にはこんな食事を平気で食べているのだと知って、
味の感覚が??です。
差を感じないのかしら?

お小遣いでご馳走してくれるわけですから 「ごちそうさま。」



早く自分で遠距離運転ができるようにならないと 困ったことになりそうです。


でも、国道沿いって、ファミレスしか見当たらないんです。

(探せばあるのかもしれません。他力本願なのがいけなかったのかもしれませんね。)

この記事へのコメント

2014年11月30日 07:32
自分も30代後半からつい最近まで、酷いときには昼・夜が外食というのが、何年も続いた時もありました。
安いお店は、素材の質をごまかす為に、味付けを濃くしている。
味付けが濃い方が、現代では好まれるのでそうしている。
塩味等を効かせているのは、飲み物を多く出したい為。
等々、色々と言われてますね。
最近は、ファミレスでもメニューにカロリーと塩分表示があるところが、増えているようです。
それとは別に、加齢による味覚の減退があるようですね。
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/88.html
いずれにしても、健康で何処にも問題がなければいいのですけど・・・
2014年11月30日 08:01
外で食べなくてはならない人の苦労が少しわかりました。
本当は手作りお弁当がよいのでしょうけれど、・・・・。
問題意識を持っていないと いつの間にか不健康な食事を摂ることになってしまうのですね。

この記事へのトラックバック

  • 外食を楽しむ

    Excerpt: 月に2回 茨城県古河市まで 夫の運転で出かけるようになり、 外食の機会ができました。 Weblog: 開業保健師  みんなの“自分らしさ”を大切に racked: 2014-12-21 13:21