「がんの臭い」 ~がん治療をささえる家族の苦労

分子標的薬治療の後に 直腸と肝臓の手術を受けて、
今では週に数回 仕事に出ることができるようになったCBさん。

その介護をした奥さんが語ります。

誰にも効くわけではない薬が奏功したCBさん。

楽天的なCBさんを支えた、心配性の奥さんのお話は貴重です。

サルビアの会11月家族の会(その3)
サルビアの会11月家族の会(その4)
サルビアの会11月家族の会(その5)
サルビアの会11月家族の会(その6)
サルビアの会11月家族の会(その7)
サルビアの会11月家族の会(その8)

「がんの臭い」 ・・・初めは 何のことかと思いました。

抗がん剤治療は、
ご本人だけでなく 支える家族にとってもたくさんのご苦労があります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック