サルビアの会(12月家族会)に参加 

今日は、5人で語り合いました。 サルビアの会

サルビアの会12月家族会(その1)
サルビアの会12月家族会(その2)
サルビアの会12月家族会(その3)
サルビアの会12月家族会(その4)

THさんも、SSさんも、一人暮らしの大変さはあっても
いろいろな活動に参加していらっしゃいます。

地域の子どもたちを見守る活動、
昔から続いている地域行事、
・・・・etc
若い世代の関心がなくて 継続が難しいのは、どこも同じようです。


高齢で一人暮らしをして感じること。

原発事故で住めなくなっている福島の地域を訪問してきて感じたこと。

同級生や親類の「がん」の話。

・・・・

ご主人を送って自分が残されたことを 「よかった」 といいます。
(ご主人が一人残されたらきっと生活が大変だったに違いない、と。)

「息子には いつも 、長生きしてごめんね、っていうの。」 (SSさん)

「今日は元気、でも明日は分からないって いつも言ってるわ。」 (THさん)

とにかく今は元気な笑顔なのです。


もう一人の方とは初めてお会いしました。
自己紹介すればよかったかしら…・、とも思いましたが
回を重ねることで そのうちに自然にわかりあえますね。


おわり際に赤荻先生から、報告がありました。
MYさんが、2月に180人もの大勢の前で体験談をお話することになったそうです。(茨城県が進めるがん予防推進員の養成研修)
「MYさんなら 大丈夫よねぇ。」  
みんなが応援しています。

「サルビアの会」との出会い→★(8/16の記事)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「サルビアの会(12月家族会)に参加 」について

    Excerpt: 「サルビアの会(12月家族会)に参加 」について ご指摘ありがとうございます。ずいぶん急いで書いているんですね。気をつけます。 Weblog: 「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち racked: 2014-12-08 22:17