保健師業務従事者届 提出

保健師助産師看護師法第33条では、
就業している看護職は、その就業先の施設がある地域を管轄する保健所に
2年ごとに届を出すことが義務づけられています。

平成26年12月31日付での「保健師業務従事者届」を提出してきました。


大きな病院にいると、当たり前のように用紙が配られてきますから、
指定の日までに管理者に提出すればいいのですが、
今回からはもちろん自分ですべて行います。

と言っても、
保健師助産師看護師法について知らなければ、誰も催促してくれませんから、
統計上の信頼性はいかほどのものなのでしょう。

病院や診療所などに勤務していた時は、
保健師・助産師・看護師・准看護師それぞれに色が違った用紙を
配られていた記憶がありましたので、
保健所にいただきに行く必要があるのかと思いましたが、

さすが今の時代、
保健師用の業務従事者届用紙をPDFでダウンロードして記入し、
それを保健所に提出してきました。

あとは、2年後に忘れないようにしなくては。


個人開業保健師ですと、
雇用されているわけではないのに「雇用形態は正規職員」「常勤」をチェック。
該当するものがなくて 県の担当者に相談したところ、そうなりました。 (悲)

助産師の届用紙には「助産所」「開設者」という項目があるのに・・・。
保健師の個人開業はこういう書類上、まだまだ認められていないということです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック