緩和ケア「リンクナース」 ~専門看護師・認定看護師を活かす

緩和ケアは終末期になってから始めるものではない。
がんのと診断を受けた時から緩和ケアも始まる
という考え方に代わってきたのは喜ばしいことですね。

緩和ケアの対象も、がんや治療に伴う痛みや苦しさなど身体的な苦痛だけでなく、精神心理的、社会的、スピリチュアルな苦痛にも広げて考えられるようになりました。
さらに言えば、“がん”に限らず、です。


今日の朝日新聞にあった「緩和ケアリンクナース」の記事を読んで感じたこと。

今日の記事によると、
「リンクナースは、がんと診断されて心身の苦痛に見舞われている患者や家族に、基本的な緩和ケアを提供する看護師。専門性が必要な時は、すみやかに緩和ケアチームや専門・認定看護師らの緩和ケアへ「つなぐ」ことで一緒に解決していくという。」(慶応大学看護医療学部教授)
・・・・
一人前の看護師なら、当たり前のことではないでしょうか。
すべての看護師に求められるべきことだと思うのです。

「がん専門看護師」やがんに関係する各種「認定看護師」というスペシャリストナースが育てられ、各地のがん治療拠点病院を中心に活動するようになってきました。
それができなければ、専門看護師・認定看護師が活かされません。


でも、最も気になったことは・・・・
特定の医療機関に所属する看護師に、
本当に患者の意思決定を中立な立場で支援することができるでしょうか。
治療を受けることを前提とした(誘導的)支援にならないでしょうか。

記事を読んでいて、
「がんが発見されたら治療を受けるのが当然」
というところから始まっているような印象を受けたのです。

自分の状態を正しく理解できるように支援することは当然ですが、
積極的治療を受けないという選択枝もあるはず。

私がどこにも所属しない中立の立場(フリーランス)で このような状況に置かれた方を支援したいと思ったのは、いまだに医療機関内には医師優位の空気が残っていて自由な発言ができないと感じているからです。


それに、
私は、がんであることを知ること自体が心の負担になることを感じています。

がんになったら積極的に治療してがんと闘おうと考える人は、
がん検診で早期にがんが発見できる方が良いでしょう。
外科手術・放射線治療・化学療法・・・・定期検査・・・

でも、「死ぬなら“がん”がいい」と考える人もいます。
自分の意志で最期まで生き方を決めることが可能である確率が高い。
身辺整理もできます。
何らかの自覚症状が出てきてから、その苦痛をとるための治療・ケアをしてくれればいい、と。
(50歳を過ぎた私はこの考え方です。他者にお勧めするわけではありません。
ライフステージも死生観も ひとそれぞれ。それを尊重する立場です。)
★2014/11/5 それぞれの人がもつそれぞれの死生観

がん専門看護師が大学院でどのような教育を受け、学んでいるのか・・・、
生きるということの意味をどこまで掘り下げて考えられるようになっているのか。
がんの標準治療に沿った看護について学んでいるのでしょうし、・・・。

記事の中に取り上げられた専門看護師や認定看護師を対象とする研修もまだまだの感がぬぐえません。
こころの支援は、教えられてできるような簡単なものではありませんし。
最善の支援ができたのかどうか、その答えも内省を繰り返し続けるしか術がありません。


“がん”に限らず、各分野の専門看護師・認定看護師をどのように活かしていくかは、多くの医療現場で課題となっているはずです。


・・・・・
病院の中ではいったいどんなことが起こっているのでしょう。

新聞記事(記者から見た事実)の報道に過ぎないのですけれど、
本当にいろいろなことを考えてしまいました。

まとまりのない文章になってしまいました。 


がんとの向き合い方から寄り添っていけるような支援体制ができるとよいなぁ、
そう願っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック