サルビアの会(2月患者会)に参加

茨城県古河市のがん患者の会に参加してきました。


今日は、MYさんが自分のがん体験談を話す講演会の予行演習をかねて
サルビアの会でもお話を聞かせていただくことになっていました。

患者会の日ではありましたが、家族会のメンバーや初めて参加の方々も加わって、とても賑やかな会になりました。


MYさんは、
病気・治療の経過に その時の自分の気持ちやがん友の支えを織り交ぜながら
見事に語られました。

ともに病院で治療を受けていた「がん友」に触れて涙ぐむ場面もありました。
それはそのまま 貴重な「間」としての語りだと感じました。

とても初めての講演とは思えないほどの素晴らしい内容と語り口。

MYさんのことですから、
きっと家でも何度も何度も練習を重ねてきたことでしょう。

拍手!  


この後、「婦人会」でも聞いていただく機会があるそうです。


参加者みんなの応援を力に加えて、本番でも頑張ってくださいね。



会の様子は、赤荻先生のブログに数回に分けて記されます。
いつものように、記事がUPされるたびにリンクしていくつもりです。
ぜひお読みになって、がんについて考えてみてください。

サルビアの会患者会2月(その1)
サルビアの会患者会2月(その2)
サルビアの会2月患者会(その3)
サルビアの会2月患者会(その4)


サルビアの会との出会い→★(2014/8/16日の記事)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック