子どもの肥満

子どもの骨折の増加 について書いた後・・・
さっそく、小学生の肥満が今朝のNHK番組の一部で取り上げられました。

生活習慣病の低年齢化がやっぱり進んでいるのです。


私が子どものころ(昭和40年代)に比べて
肥満の子どもの割合は約3倍だそうです。

皮下脂肪と内臓脂肪が蓄積した子どものお腹のCT画像・・・・

しっかり取り組みを始めた養護教諭に拍手! 

家族を巻き込めば、家族みんなの生活改善につながります。


加工食品で育った子どもは、加工食品の味が好きになるように思います。

お菓子も当たり前にいつも手の届くところにあり、

子どもの「お腹すいた」=「お菓子ちょうだい」  に気づかない大人。


おなかペコペコをしっかり感じてほしいです。

そうしたら好き嫌い言わずに三度の食事をなんでも美味しく感じるはずなのですけれど・・・。


過去の関連記事 (2014/9/5) 食育 子どもの時から良い食習慣を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック