紹介 「自分はどうなってもいい」 ~メラノーマで亡くなった若者のものがたり

「サルビアの会」というがん患者の会を開いている赤荻先生のブログ記事の紹介です。
「がんなんかに負けてたまるか~がん患者の会の人たち」

1月末からサルビアの会の様子とは別に10回にわたって記されてきた
メラノーマ(皮膚がん)の若い男性のものがたりが先日終わりました。

2015/01/27 自分はどうなってもいい~就職後に待っていたこと
2015/02/04 自分はどうなってもいい~頬のあざの変化と引きこもり
2015/02/12 自分はどうなってもいい~救急車を帰す
2015/02/18 自分はどうなってもいい~初めての往診
2015/02/27 自分はどうなってもいい~家での両親との話
2015/03/06 自分はどうなってもいい~STさんとの初めての会話
2015/03/14 自分はどうなってもいい~初めての診察
2015/03/21 自分はどうなってもいい~STさんの家での手術
2015/03/27 自分はどうなってもいい~週末に起こったこと
2015/04/04 自分はどうなってもいい~入院後のあらまし


退職、母の介護、引きこもり、医療不信、・・・・
進行したメラノーマによる苦しみ・・・・
最後になってやっと赤荻先生の在宅診療を受けられるようになったものの、
週末に起きた苦しい症状に、救急車搬送。
救急病院に運ばれて抗がん剤治療…・

さまざまな不運(・・・と言っていいのでしょうか)が重なった短いSTさんの一生。

いろいろなことを考えさせられる「ものがたり」でした。


せめて最期の入院につながった尿閉が、平日に起こっていたら・・・

在宅で赤荻先生の緩和医療を受けながら、
もっと穏やかな最期の時間を過ごすことができたのではなかったでしょうか。

STさんやそのご家族とかかわった先生にしか分からない
記されてはいないさまざまな事実もあったことでしょう。


私はずっと気になって記事を読ませていただいてきました。
一方で、記事のアクセス数(表示数)が意外に少ないのを残念に思いました。

ぜひたくさんの皆さんに読んでいただきたいと思います。



【4月12日追記】

先生にご了承をいただかないままにご紹介してしまいました。
本日、STさんの亡くなった後のお話がもう一つUPされました。
(勝手に終わりにしてしまって申し訳ありませんでした)

2015/04/12 自分はどうなってもいい~STさんのご両親との話

それぞれの人がそれぞれの人に持つ思い・行動・・・・

何が最善だったのか、その答えはいつも分からないもの・・・・だと思います。


STさんのご冥福をお祈りいたします。

この記事へのコメント

2015年04月13日 08:51
他の方の記事に「気持ち玉」を送ったつもりで、自分の記事につけてしまいました。(恥ずかしい)
まだまだ、……ですね。

この記事へのトラックバック