「薬剤師」と「登録販売者」の違い ~資格・免許の明確な表示を!

ドラックストアでの調剤を薬剤師ではなく事務員に行わせていたというお話。
信じられないことですね。

ドラックストアに問題があることはもちろんですが、
その薬剤師には 専門職としての倫理観がないのでしょうか。


それと関連して、
ドラックストアにいる 「薬剤師」と「登録販売者」の違いをしっかり認識している方はどれくらいいらっしゃいますか?
国家免許の「看護師」と 都道府県知事免許の「准看護師」の区別がつきにくい
のと同様、私はとても問題に感じています。

登録販売者制度は、
2009年の薬事法改正で新設された一般用医薬品を販売する資格の一つです。
この資格は、都道府県知事免許。
販売出来る医薬品は一般用医薬品のうち第二類医薬品(指定第二類含む)及び第三類医薬品に限られます。(一般用医薬品の90%以上がそれに含まれます)

私は、ドラックストアで一般用医薬品について相談するときは、
「薬剤師さん、いらっしゃいますか?」 とレジの方にお願いします。

初めてのドラックストアですと、ホントに「薬剤師」??・・・などということも。
(お話をすればすぐに薬剤師かどうかわかります)
販売はできても、薬剤についての知識は当然「薬剤師」とは大きな差。
一般名で話をしようとすると通じなかったり。

例えば 今年のお正月のこと・・・
風邪の治りかけに去痰剤・咳止めの購入を夫に頼んだところ、
夫は 「薬剤師さんにメモ(私の症状・近い処方薬名を書いたもの)を渡したら、
一生懸命調べてくれたよ。」 ですって。
薬剤師なら調べるようなことじゃないはずなのですけれど・・・。
つまり、夫はその人を「薬剤師」だと思って相談していたようです。


そういえば、
「健康管理士」なるものの存在を最近になって新聞広告で知りました。
日本成人病予防協会の認定資格のようです。
『健康管理士は「予防医学」「健康管理」のスペシャリストです。』 ・・・ですか。
国家資格の「保健師」こそ その分野のプロフェッショナルです!


人件費を抑えるために さまざまな新しい資格が生まれていきます。

複雑になればなるほど、国民はその違いを理解することが難しくなりますね。


名札に誰にでもわかるように資格免許を明示することを義務化していただきたい。
いつもそう思うのです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック