保健師開業おめでとうございます! ~「創世看匠」(そよみしょう)

開業の相談に来てくださった ふじた さんが、

8月20日 開業届けを提出し、本格的に活動を開始しました。

ブログ(アメブロ)
face book


をどうぞご覧ください。


情報処理に強く、行動派。

基礎看護学・情報処理学 を得意とする保健師です。

支援対象は国民一般、そして看護研究者や看護師も。


発想も お話も とっても面白いです。

ブログでの自己紹介は、
看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している 変な保健師です」 

けっして 「変な」 ではありません。

私から見ると 「率直な、誠実な、倫理観の強い、ユーモアにあふれた、元気な、勇気のある、・・・・」
むしろ、看護教育界や看護界の方が 「変な」 ことが多い。


ブログを読んでいただけると看護教育の現実もよく分かります。(笑)
私も少しさかのぼって読ませていただきました。 
思わず 「そう そう!」  (ニンマリ)

特に 「看護過程」の考え方など大拍手!! → 

ともに筑波大学医療技術短期大学部看護学科で学びました。
私の恩師(教授)が看護部長になり、外部から来た教授にいよって考え方まで変わって・・・・
卒業生は 「なにコレ!」 と閉口。
私たちは解決志向・目標志向のPDCAサイクルを「看護の過程」として学んでいたのです。
ふじたさんの学生時代は受難の始まりでしょうか。
その頃から 看護界全体が おかしな「看護過程」に取り込まれていきました。
今なお一般的にはその流れがつづいているとは、…困ったものです。


開業保健師の活動を国民の皆さんに広く知っていただける! そう思います。

それぞれの保健師が、自分の培ってきた得意分野で国民の健康支援にかかわっていくことができます。
国民の皆さんには、自分の健康管理の伴走者として、自分が信頼できる保健師を見つけてほしいのです。
資格だけではない「価値」が そこにはあると思います。

時代に流されることなく 常に本来のあるべき姿と現実を比較しながら 学び続けてきました。
50代だからこその独立・起業です。


関連記事 →(2015/07/27) 保健師開業を応援 ~学んできたことを社会に還元

ヘルスプロモーションサポート栗原 HPはこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック