ノースポール が サツマ芋に ~気を遣わない物々交換

今年もノースポールのポット植えが始まりました。 
→ ★(2014/11/23)
今年は思い切って間引いたので、いつもより数は少ないかもしれません。


数日前、道に面したところでサツキの手入れをしていたところ、

自転車の前と後ろにサツマイモを山盛り乗せた方から
「よかった。会えた!」 と声がかかりました。

・・・?・・・
「こんにちは。・・・えぇ、と。 どちらでお会いしたのでしょう。ごめんなさい。」

「数年前に、お花の苗をいただいていったんです。
今日は芋ほりをしてきたので、もしかしたらと思ってこの道を通ってみました。」

赤ちゃんの頭くらいあるような大きな さつま芋!

「まぁ、すごい!」

少し離れた地域に住む方が、散歩の途中でお花を受け取ってくださったのです。
今も毎年こぼれ種で咲き続けているとか。

「お返しをされたりするのが苦手で、喜んでもらえるのが一番嬉しいんですよね。
ご近所にも分けていただけますか。
残りの畝は近所の子供たちに 芋ほり させてあげようかなぁ。」
ですって。    

しばらくお話をしたのに、なんとお名前もお聞きしませんでした。 (^_^;)


さっそくお隣へ泥つきのままお持ちし、
ちょうど通りかかった知人にもお分けしました。

その日のうちに、1つ蒸かしイモにしてみました。
ご飯の炊く量を少なめにして、秋の収穫を味わいました。



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック