国谷裕子さんが “クロ現” 降板だなんて・・・・・

「憧れの女性は?」 と聞かれたら、
私は 迷わず 「クローズアップ現代の国谷裕子さん」 と答えていました。

今日の新聞報道にびっくり!

私の気持ちを知っている長男はお昼に、夫も帰宅してすぐに話題にしました。

どんなゲストでも、どんな分野の内容でも、
事前にきちんと勉強している様子がうかがえる質問。
(私は 「その人の“理解の具合”は、質問する内容で分かる」 
と日頃から感じています。)
苦手な分野などないのでしょうか? と思わせる博識。

堪能な英語も素敵です。
(むしろ日本語の勉強に取り組んだというお話もお聞きします。)
通訳なしで 世界の要人にも臆するところなくインタビューする姿が眩しいです。


クローズアップ現代 = 国谷裕子 

この番組に関するNHKの問題があったことは残念ですが、
なぜ国谷さんを外すのでしょう。

国谷さんが出演できないときに 他のアナウンサーが代行すると
聴いていてつまらなかったのです。
NHKに 国谷さんに代われるほどの人材がいるのでしょうか。

もったいないです・・・・。

寂しくなります・・・・。

考え直していただきたいです。


「視聴率下がっちゃうでしょ。」と言ったら、
息子に「視聴率なんて高いかなぁ。」 って言われてしまいました。

娯楽番組より、現代の社会問題を取り上げてほしいのに。

19時のニュースに続く時間帯だからこそ見やすいのに。


私のように考える人は少ないのでしょうか? 残念です。


埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 国谷裕子『キャスターという仕事 』は在庫切れ!

    Excerpt: 新書だから、いつでも購入できる、なんて考えたら、 楽天ブックスは「入荷まち」、アマゾンも「一時的に在庫切れ」! Weblog: 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる racked: 2017-01-25 22:10