高感度インフルエンザウイルス分析装置 ~近くの医療機関を検索可

これまでは、
ウイルスが十分増殖する
発症後12時間~24時間に検査をすること
が勧められていた
インフルエンザ簡易検査キットが主流です。

熱のある中 受診したのに
「明日、もう一度 来てください。」 などと言われて、
辛い思いをしたことがありませんか?
検査の最適期など考えずに、
高い熱が出始めると受診してしまうものです。

フジフィルムが
高感度にインフルエンザウイルスを発見する分析装置(スピード検査技術)
を開発しすでに販売しているようです。
昨日でしたか、朝日新聞で見つけました。

インフルラボ
こちらのページからその分析装置を持っている医療機関が検索できます。
鴻巣市⇒

まだまだ油断ができないインフルエンザです。

受験生を抱えるご家庭では、
家族全員が細心の注意をはらっていることでしょう。


企業HPですが、わかりやすくインフルエンザについて説明されていますので
お勧めかと思います。



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック