一年も前に 森俊夫先生は亡くなられていました ~『解決志向ブリーフセラピー』 の先生です

昨年からの産業カウンセラー協会の研修が中止になっていて
気にはなっていたのですが、

2015年3月17日、森俊夫先生は 亡くなられていました。

今日、先生の本をご紹介した方に街でお会いし、先ほど知ったのです。 


東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野助教。
KIDSカウンセリング・システム スーパーバイザー。
1981年 東京大学医学部保健学科卒業。
1988年 東京大学大学院医学系研究科保健学専攻(精神衛生学)博士課程修了。
臨床心理士。



産業カウンセリング協会の研修では、
「精神医学の基礎」
「援助者のための薬の話」
「解決志向ブリーフセラピー」 ・・・・etc
直接気軽に質問しながら、双方向型の研修のあり方も学ばせていただきました。


ちょうど一年前だったのですね。

先生の本をもう一度紹介いたします。
自己カウンセリングにも役立つ、気軽に読める本です。
画像












長年、いろいろと難しい本を読んできた私ですが、
「そう! そうなのよ。」
とストンと落ちる考え方でした。


もう先生と 気軽に 水平線上で お話ができないなんて。。。。

2度目の大学院は先生の所属する研究室を目指すつもりでした。
(「統計検定2級程度」が独立して受験科目となり断念。
 基礎統計なら何とかなる!と思ったのですけれど。)

そのことも、研修あとの懇親会でお話ししたり。 ・・・

しばらくの間、研修から遠ざかっていたのがいけなかったのかもしれません。

でも、森先生の研修以外は、「参加しよう!」 という気にならないのです。
(資格更新のためのポイントも十分たまっていたので)


お亡くなりになる直前に あと2冊、本を出されているようです。

「自分のことが他人に分かられてたまるか!」 
 (私と同じ感覚でした)
ご自分の体調、残された時間など、当然自分で分かっていらしたことでしょう。

読ませていただきながら、先生のご冥福をお祈りいたします。


ちょうど朝ドラ「朝が来た」の新次郎さんのように、
一見 チャランポラ~ン としているようで、
すべてを見通してしまうような眼差しだったように思うのです。

午後から、講義ノートを見返しながら、いろいろな場面を思い返しました。


過去の関連記事
(2014/7/29)花子の「想像の翼をひろげてみて」 ~解決像の映像化~
(2014/8/7)「解決志向ブリーフセラピー」 その②
(2014/8/10) “言葉のウイルス”   解決志向ブリーフセラピー その③
(2014/8/12) 「解決像は北極星、目標は電信柱」 解決志向ブリーフセラピー その④



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック