糖尿病になると脳の海馬が萎縮 (九州大学チームの発表)

本日の朝日新聞の記事からです。

糖尿病になると記憶にかかわる脳の海馬という部分の萎縮が進む

九州大のチームが、米国で14日まであった米糖尿病学会で発表しました。

海馬の萎縮は認知症患者の脳でもよく観察されており、
「糖尿病の人は、認知症を発症していなくても 脳の異変が始まっている可能性がある」
と指摘しています。

久山町では九大が長期的な疫学調査を実施しており、
糖尿病の人はそうでない人に比べて認知症のリスクが2倍ほど高まるという結果が出ていました。

今回は実際に脳がダメージを受けていることを示す内容を
「頭蓋骨(ずがいこつ)の内側の容積に占める脳の容積の割合」を指標に、
脳の縮み具合を評価したということです。
(町内に住む65歳以上の人を対象に頭部のMRIで脳の容積を測定し、
糖尿病の有無との関係を調べた。
1238人が参加し、うち286人が糖尿病だった。)


三大合併症としては、「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」が
(いずれも細小血管障害によるものです) が よく知られていますが、
「認知症」のリスクが高くなるといわれると、ドキッとしませんか?

合併症を起こさないように、進行させないように、
血糖血コントロールをしたいものです。

基本は、まず 適切な食事と運動です。



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック