市道の手入れに「助っ人が現れた」 の声 (笑)

やっと晴れました!

でも、畑は雨水で とても作業できる状態ではありません。

今日は、夫が、私の趣味で始めた「市道を綺麗にする」に主体的に参加♪
市の所有地でも舗装されずに、
個人で植物を植えたものの管理ができなくなった場所。
(市の委託では、シルバー人材センターは そうした箇所には手は入れません)

何年も咲き続け、放置され、オシロイバナの球根は大きなサツマイモのように
なって 地下で成長し続けています。
一度真夏に撤去作業をしたのですが、一度ではとても取り切れず、
涼しくなるのを待っていました。

毎日通勤で通る駅前通りですから、綺麗になっていくにつれ、
夫も少しずつゴミを運んだりして手伝ってくれるようになりました。
(私は、美しいものを見ることは「心の健康のためのひとつ」だと考えます)

先日から、「オシロイバナとナンテン を掘り出すよ」 と言ってくれていました。

終了後、夫も、「やっぱり綺麗になると気持ちいいね。」     (^_-)-☆


地域の方は、今までも ゴミ袋を運ぶ夫の姿をちゃーんと見ています。

今朝は私より早く作業に出かけた夫。
力はありますから、スコップでどんどん掘りあげてくれました。
さすがに男性の力はスゴイ!


今朝 車の助手席からそれを見た近くのお嬢さんの言葉。
「あら! お母さん、今日は“助っ人”があらわれた!」 と。(笑)
私が道の反対側のポケットパークで作業をしていたところ、
そんなお話をお聞きしました。

「“変な人” じゃなくて “変な夫婦” になっちゃいましたね。
 でも、害のある “変な人” じゃないでしょう?
 まぁ、“普通の人” じゃなくていいんですけどね。」
「うん、そうそう。あなたは 自分の価値観に従って動いているのよね。」
  ・・・・・・
(おしゃべりしながらでも、私の手は止まりませんから大丈夫。)


お昼も食べずに 雨が降り出すまで続けることは、私の当たり前。
夫は12時にお昼ご飯を食べるのが当たり前。(自分で用意して食べます)
今日も午後3時近くまで続けて、いきなり降り出した雨でびしょ濡れでした。
でも、達成感! 
まだまだ目指す景色にはなりませんけれど、ざっと見は綺麗になりました。
もう少しで ポケットパークの シノ竹 の手入れは終わりそうです。
芝生より何倍も頑強な 根っこ との格闘です。


明日からは また 気温が上がってくるようですね。


体に調子を聞いて、明日の行動を決めましょう、っと。
手鎌を使わず、剪定ばさみにしようかしら?

夫は 明日は自分の畑に出かけることでしょう。



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック