「自信」は自分との約束を守ることから

「自信がない」 
そう思う人の多くが、
他者との比較・他者からの評価を基準にしているように思います。

私など、普通であることが むしろ面白くない(笑)ので、
他人にどう評価される(された)かは、「事実」として受けとめるだけです。


道路で作業中に、いろいろな人とお話をするようになりました。
そんな中、(どうも 自己評価が低いなぁ)と感じることが多いんです。

(失礼ながら) コンプリメントのスキルアップを意識しているですが、
お話しているうちに、「なんだか嬉しくなっちゃった♪」 
などと言っていただけると、私まで嬉しい。
 ※“コンプリメント”は『解決思考ブリーフセラピー』の基本のキ。
   簡単に言えば、一緒に いいこと探し、プラス思考の練習をします。



今日の一例 ・・・・

「すごいねぇ。私なんてただの主婦で なんにも行動できないんだもの。」
で始まった会話でした。

「声をかけていただいたでしょ。たぶんそこにも勇気が必要だった。(ニコッ!)」
「そう。ずっと気になっていても、声をかけるのは大変だった。」
 ・・・・・
 ・・・・・
「そうか、自分にやれることをやればいいんだね。
 たとえば、このゴミ袋を運ぶ手伝いならできるね。そんなんでもいい?」
「もちろんです。じゃ、私も一緒に束ねたものをステーションに運びますね。」
「なんだか楽しいねぇ。」
「はい。ここにゴミを出していいと言ってくださるかたもまた協力者。感謝です。」

という具合でした。


タイミングよく届いたメルマガブログのタイトルが 『折れない自信の作り方』

いつもなら 読まずに削除してしまったでしょう記事でした。
(句読点の使い方が不自然→言葉にこだわりを感じられないかた)
今日は、一部分をご紹介します。

『折れない自信の作り方』     ~ (next leader ブログ)

あなたが、誰かを信頼したり、信用するのは、どういう時でしょうか?

おそらく、約束を守る人、言葉と行動に一貫性がある人、など、
じゃないでしょうか?

これと同じように、自分自身を信じるために、
つまり、自信をつけるためには、自分自身との約束を守りつづけること、
によって、築きあげる事ができるのです。

・毎朝のジョギング
・1日8時間のピアノ練習
・週に3冊の読書

などなど、

自分がやる!と決めて、それを続けること、

つまり、自分との約束を守り続けることが、本当の自信を身に付ける方法
なんです。


たとえ、他人と競争するような種目であっても、
自分自身との約束を守って、やるべき事を続けていけば、
絶対に自信というのは、芽生えてきますよね。




そう、有言実行の積み重ねが自信。
まず、目標を持つこと。その実現のために行動することです。

小さなことから始めて、少しずつ大きな目標に向かっていく。

自分のする(している)行動の意味をいつも意識していると、
自然に “次にすること”が見えてくるように思います。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック