開業保健師 栗原  『人生は自分の選択の積み重ね』

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院・学校を全面禁煙の方向へ (厚労省の受動喫煙対策)

<<   作成日時 : 2016/10/13 20:36   >>

トラックバック 0 / コメント 3

タバコの害は、誰もが認めるところです。
受動喫煙も含めてです。

健康を守る医療機関、教育施設、その他の公共施設の敷地内全面禁煙は
努力義務ではなく、罰則を科すべきだと考えてきました。
でも、病院の一角にある喫煙室の窓からは、煙が上っているんですよね。情けない。

そして、今日の医療ニースm3.com
病院、学校を全面禁煙 違反者本人に罰則 厚労省の受動喫煙対策

厚生労働省は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙防止策として、病院や学校を敷地内全面禁煙とする強化策の案をまとめたと明らかにした。飲食店は喫煙室の設置を認める。

 違反した場合、施設の管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を適用する方針。現状の努力義務よりも実効性を高めることを狙い、法制化を目指す。ただ関係省庁やたばこ業界などとの調整が必要で曲折もありそうだ。

・・・・

受動喫煙に関して、現状は健康増進法に基づき、多くの人が集まる公共の場での防止策を努力義務にとどめており、罰則はない。

 厚労省の専門家会合は8月末、受動喫煙が肺がんなどさまざまな病気のリスクを高めるとした「たばこ白書」をまとめた。世界保健機関(WHO)によると、公共の場を全面禁煙とする法律を施行している国は14年末に49カ国に上り、日本の防止策は「最低レベル」と判定されている。



これだけ医療費が増え続けているのですから、
健康への悪影響がはっきりしている喫煙は厳しく取り締まっていただきたい。

タバコの値段は、10倍にしても足りません!

勤務時間中にタバコを吸いに仕事を離れることが許されるのはなぜなのか、
そこもおかしいと思いませんか?


どうして日本人は これほど喫煙に対して甘いのでしょう???

肺がんだけではないのです。
有害物質は、血液にのって全身に広がっていきますから。


東京オリンピックまでに、・・・・・などとゆっくり構えていないで、
一刻も早い強化策(立法)を期待します。



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私も切に思います。十倍の案 大賛成です。
安倍政権は 少しも思い切ったことをしませんね。
駅前など タバコの臭いで 臭い! くさい! 鼻をつまんで通ります。
ハイジママ
2016/10/14 12:49
自分はついこの間まで、喫煙者でした。
体に良くないのは喫煙している人も承知していると思いますが、習慣化する前に、学校教育などでしっかりと喫煙の害を教育したらどうかと思っています。
そうすれば、生涯たばこを吸わないでいい人が増えると思うのですが、どうでしょう。
習慣化してしまうと、これは依存ですから止めるのが、それはそれは大変です。
多くの喫煙者は形見の狭い思いをしても、止める事が出来ないんだと自分は思っています。
keitaro
2016/10/16 01:56
keitaroさんは きっぱりと禁煙に成功できましたね。
昔は 確かに「カッコイイ」イメージもありました。
でも 今は、喫煙は「ニコチン中毒症」。
立派な病気です。
学校教育の中で、がん教育とともに 禁煙教育も進められています。
昨日の古河市の学校における健康教育でも話題になりました。

身近なところでは、まだまだ周囲の空気が甘いと感じています。
もっと肩身の狭い思いをしてほしいくらいです。自分だけでなく他人の健康にも悪影響を与えているのですから。
栗原
2016/10/16 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

病院・学校を全面禁煙の方向へ (厚労省の受動喫煙対策) 開業保健師 栗原  『人生は自分の選択の積み重ね』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる