『365日の紙飛行機』の歌詞は 後半が素敵!

昨年のNHK朝の連続テレビ小説 “あさが来た”の主題曲。
今日は、夕食後に たまたま歌番組をスイッチoff しなかったので
『365日の紙飛行機』 を通しで聞くことができました。

あのドラマは 私の性格に似た主人公の行動が頼もしくて
みられる時だけ見ていました。

木登り好きのおてんば
「なんで?」 と 「やってみましょ。」 の口癖    (笑)


グリーンマーカーの部分を聞いたのは初めてで、
歌詞の全部を知りたくなりました。

(ヤフー知恵袋 akb_fanaticさんの情報です)

朝の空を見上げて
今日という一日が
笑顔でいられるように
そっとお願いした

時には雨も降って
涙も溢れるけど
思い通りにならない日は
明日 頑張ろう

ずっと見てる夢は
私がもう一人いて
やりたいこと 好きなように
自由にできる夢

✱人生は紙飛行機
願い乗せて飛んで行くよ
風の中を力の限り
ただ進むだけ
その距離を競うより
どう飛んだか
どこを飛んだのか
それが一番大切なんだ
さあ 心のままに

365日

星はいくつ見えるか
何も見えない夜か
元気が出ない そんな時は
誰かと話そう

人は思うよりも
一人ぼっちじゃないんだ
すぐそばのやさしさに
気づかずにいるだけ

人生は紙飛行機
愛を乗せて飛んでいるよ
自信持って広げる羽根を
みんなが見上げる
折り方を知らなくても
いつのまにか
飛ばせるようになる
それが希望 推進力だ
ああ 楽しくやろう
365日

✱繰り返し

飛んで行け!
飛んでみよう!
飛んで行け!
飛んでみよう!



素敵な歌詞ですね。
特に 主題歌として歌われなかった後半部分がいいなぁ、と思いました。

今年は、合唱曲や運動会の行進曲にも使われているとか。


裕福な商家生まれのお嬢様だったからこそできたこともあったのでしょうが、
(それにドラマは現実を忠実に再現しているわけでないことも承知)

あさちゃんのように生きられたらいいなぁ・・・・・。

でも、あの時代は確かに 『やりたいこと 好きなように自由にできる』 だった
のですよね。


我が家の“あさちゃん”(私は、時に夫にそう呼ばれました) は、
当時よりずっとずっと規制が減った現代でも、相変わらずです。

「なんで?」
(夫)「○○でこう決まっているから・・・云々」
「だから、なんで そういう決まりがあるの?その根拠を聞いてるの!」
(夫) ・・・・笑いながら、「なんでだろうね。」

気持ちだけは、“あさ”のように生きたいと思っています。



ついでに、知ったこと。 (笑われそうですが、・・・)

10月から始まった『べっぴんさん』は、特なお という意味だったのですね。
納得です。
お話の筋はなんとなく知っていましたが、タイトルの意味とつながりませんでした。

しばらく、朝の連ドラも見ないで(ほとんどテレビなし)で生活していた私。
(PCで必要情報を自分からとっていくようになっています)
ちょっと世の中の動きから外れてしまうかもしれない、と少し反省です。
もともと芸能界のことは疎いのですけれど、お話が?になっては困りますね。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック