嬉しい! ゴミ収集車の協力

今週末の花火大会は、お天気が気になるところですが、
私の(ちょっと無理な)目標は、
花火大会までに駅前通りをサッパリさせること!
(弱った樹木を助ける“レスキュー剪定”ですが、結果としてサッパリ綺麗になります)

昨日は、市の道路課に電話して 切り枝の引き取りをお願いしてみました。
最初は 「?」 な反応でしたが、お昼少し前には「行きます」とお返事。
袋に入れたり 束ねたりするのは、大仕事なんです。
取りに来てくれるならと、ひたすら切りました。
ゴミや石拾いは後回しで、パチンパチン。

午後早くにトラックが来てくれ、
切り枝だけでなく、石ころや燃えないゴミまで積み込んでくれました。
(作業の仕方に すこしびっくりされたようです。)
「まだゴミが出そうですね。夕方また来てみますから 山積みにしておいてくれればいいですよ。」
あとは自分でと思ってのですが、(そんなにもう体力が続かないし・・・)、
やっぱりこんな機会は逃せません。
少々雑で 真ん中がツンツン飛び出していましたが、一区画終了。
最も茂ったところで 数日はかかると思っていましたので、
やはり袋詰めの手間を剪定に回せた分 予定を大幅に短縮できました。
これも嬉しかったです。   (^^♪


今日は、昨日の手直しの後に その隣のブロックへ。
昨日の市役所の方は、「あちらは来週ですね。台風もあるし。」
と言って、その時はまた連絡すれば来てくださるということでしたが、
今日は「燃えるゴミの日」ですから、やっぱり始めてしまいました。

台風の後風が少々強くて、切りながら 袋詰め・・・・・。
ゴミ収集車が近くに来たときは、まだ2袋+一山 でした。
でも、束ねていなくても、嫌な顔をせずに持っていってくださいました。
「すみません。いつも ありがとうございます。」 とお礼。

さあ、あとは、他の収集所に出すので束ねるか 袋づめしなくては。

お昼近くに規定通りに束ね終わったところ、

なんと、ゴミ収集車が目の前に止まりました。

午前の部を終わったところで わざわざ私のゴミを集めに来てくださったのです。
お二人とも お顔はおなじみですが、言葉は少ないかた。
私は、「わぁ~、ありがとうございます!」 と大きな声でお礼を言いましたが、
黙って ゴミを放り込んで サッと帰ってしまわれました。 

午後は我が家の近くに別の回収車が回ってきます。

最終的に 今日は10袋+4束でした。
「下校の時間になりました」 の市内放送をきいて、今日はここまで!
(家事もしなければ・・・・)


「すご~い、花火までに変わりそうですね。目標達成しちゃうんだ。」
「よく頑張ったねぇ。もう少しで最後まで行きそう。」
道を通るおなじみさんが、声をかけてくれます。
そう、やっぱり頑張ってしまっていますね。 期待も 

家に帰るとクタクタ。
ひたすら手近にあるものを 飲んで 食べて。 ・・・・ (不健康的)


いろいろな方々に 協力していただくようになりましたが、
やっぱり、今日は ゴミ収集車の(寡黙な)お二人に感謝です。

余計なところまで回って、お昼休み時間が減ってしまいますね。
有難いことです。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック