医療は利用するもの (医療に利用されないで)

当たり前のようですが、
「医療に利用されている人が多い」などと言ったら叱られてしまうでしょうか?

画像











読んでみました。  

『世界一ラクな「がん治療」』

近藤誠医師 と 萬田緑平医師 の対談本です。

お二人の考えはどう違い、どう同じなのか を意識しながら。


違いは、・・・・

近藤医師は、セカンドオピニオンを主とし、
萬田医師は、在宅緩和ケアを主としています。
ですから、お二人の違いは、最初に患者さんとお話しするときの説明の仕方・かかわり方の部分のようです。
それぞれに 出会う患者さんが求めてくるものが少し違いますし。

近藤医師は、標準治療に反対の色が強い。(説明は中立)
萬田医師は、それ(標準治療)を本人が選ぶのであればそれも自由。
という立場でしょうか。



でも、多くは一致するようです。

近藤医師のがんに関する考え方は、以前書物で読んでいるのですが、
改めて、それが自分の治療経験を通してえた結果であり、
単なる「放置」ではなく、
がんにはなるべく手を加えないで痛みや苦しみのケアをきちんとしたほうがラクに長きできる。これが「がん放置療法」です。
と確認説明しています。

萬田医師も、医師になりたての頃は 積極的に抗がん剤治療にかかわり、胃婁をつくり、・・・・
その結果として「おかしい!」と感じた結果が今につながっています。

自分の気持ちを大事にして、
その時代の流れとは違うことを実践に移した勇気!!


私は、萬田医師の考え方・言葉にかなり近いものを感じました。
ほぼ同時代のがん治療の現実を見てきたからでしょう。
読んでいて、私も何人もの患者さんのお顔が思い浮かぶのです。
自分で決めるということ尊重する姿勢も一致です。 

けれど、全部に賛成できるわけだはありませんでした。
家族のすべてが「家で看たい」と考えているわけではないということ。
私は、それぞれの家族関係の複雑さを感じているからです。

「家」は、“house” というより “home” と考えたいですね。
つまり、自分が何の制約も受けず 自分らしくいられる心地よい場所。
それなら、一人のアパート暮らしでも在宅緩和ケアを利用できます。


家族が、辛い治療への道を作りがちであること。
これは同感です。
自分には何もしてほしくないのに、家族には長く生きていてほしい。。。。
そんな矛盾した気持ちが、穏やかな死を遠ざけてしまう。
「終末期は“老衰”に近づけることが目標」
穏やかな・安らかな最期の時を大事にする医師の多くがそう言います。


一般的に、「がん」のイメージは、2人の医師が言うように
多くが「がんの治療の末に亡くなっていく人の姿」ではありませんか?

放っておいたら大変なことになる」と脅すような医師は、
放っておいたらどうなるかを見ていないではないか。
」(近藤医師)
その通りだと思います。

代わりに多くの人が見ているのは、標準とされる積極的治療の結末である最期。
臓器を取り除き、抗がん剤で正常細胞まで痛めつけ、・・・・
最後には点滴で余分な水分を体内に入れることで 体中が浮腫み
痰を吸引しなければならないような状況。。。。

「点滴」による水分補給は、脱水であれば有効な治療手段ですが、
終末期においては体の仕組みに反する(苦しめる)結果につながります。
このことは穏やかな死を目指す医師なら 一致して指摘しています。

「注射してくれた」「点滴してくれた」
こんなふうに医師に感謝するのは、ごく普通の診療でも見られることです。
注射も 点滴も、薬(水分)を入れるための手段でしかないのに。


お金もあって、徹底的に治療したい人はトコトン治療すればいいと思います。」(萬田医師)
非営利であるはずの医療機関が、医療産業と化した今、
病院が増えれば、病人が増える。健診(検診)をすれば、病人にされる。」(近藤医師)

同感!

財政破たんした夕張市では、病床が激減(1万人に19床)したおかげで、
老衰による穏やかな在宅死が増えているそうです。

[病院をつくったら 病人が増える。特に営利優先の病院を誘致してはいけない。]
[どんどん成長している病院では、過剰医療が横行しているはず。]
こんなことを口にすると、また叩かれるかもしれませんね。
でも、私は、随分前から 常々そう思っています。
個人の資産も 国の予算も、医療という特別視される分野からどんどん巻き上げられている、そう思うのです。
現在の国民の生活不安の元になっている 中心的な問題でしょう。



お二人の共通点であり 私も強く思っていることが、
医療は自分が利用するものであって、医療に利用されてはならない

医療を選ぶというより、自分が信頼できる 自分の生き方にあった医師を選ぶことが大事だということです。

(萬田医師)「・・・、そんな病院を選んで通っているのは、本人なんですよ。行列のできるラーメン屋に並んで「遅い!」「まずい!」と文句をいうのと同じで、あなたが行きたくて行ったのでしょう、と。
自分に合うお店は自分で見つけるしかない。病院も同じじゃないのかなぁ。
・・・」
(近藤医師)「だけど地方では、家から通える範囲でがんを見てもらえる病院は限られるでしょう。・・・」

そう、だから私は 住み替えをしてでも自分が満足できる医療を求めるつもり!


私は、
保健師という職業の立場では 健診・検診を勧めるのが普通なのですが、
いつも「個人的には」と前置きをして、
健診(特に がん検診)はあまりお勧めしない立場です。
個人が選ぶ生き方ですから、どちらがいいとは言えません。
でも、選ぶためには、その理解を支援する必要があります。

自分の治療方針に都合がよい説明だけでなく、
ほかの方法を選択した場合のことも並べてみること。
これは、セカンドオピニオンとして近藤医師がおこなっていることです。
セカンドオピニオンは、
あえて違う方針を持っているだろう医師から得るべきだと思います。


私は、若い人はがん検診をしたほうが良い、と 考えていましたが、
これもよく考えてみなければいけないのかもしれません。
わからなくなりました。。。
放っておいても大丈夫なものまで手術されているらしい現実がある?
(疑わしきは切り取る?!)
乳がんの乳房温存手術を広めたのは近藤医師だったのですね。

女性ホルモン療法を続けるために
乳がん検診や子宮がん検診を勧められる(ほぼ断れない) という現実。
これは現在の私にとって、かなりストレスです。
お二人と同じく、
[末期症状でがんに気づいて 緩和医療(ケア)だけ利用すればいい]
と考えているのですから。
女性ホルモンは骨粗鬆症の予防の意味もあるのですが、
もし、乳がん検診や子宮がん検診で、早期がんが見つかってしまったら、
早期発見→治療 の勧め ・・・・・ 心を乱すにちがいありません。




組織を離れて 自分のめざす(正しいと思う)医療を実践していくこと。
近藤医師や萬田医師は、自分の著書を通して、
自分が何を目指すのかを明確にしているわけです。
医師という資格だけではなく、
「何を目指して、どのような活動をしている医師なのか」
医療を利用する側にとってほしいのは、その情報です。

近藤医師の出した『がん放置療法のすすめ』は、大きな反響を呼びました。
物事を比べるときは、両方を同じように理解する努力から始めなくてはなりません。
批判本は自分の持論を優位にするために書かれたものです。
相手の言っていることも理解せずに、「○○とは違って、・・・」とは言えません。
あえて 違う意見を知るために、その人の著書を読んでみることが大事です。
読んでみて、根拠が乏しかったりすれば、そこで価値はなくなります。

萬田医師は、・・・・
この本が世に出るからには、君も覚悟しなくちゃね。」(近藤医師)
覚悟ですか!? いや、遠慮しますう~。(笑)」(萬田医師)
でも出版しました!
これは、近藤医師と近い考えであることを世に示したということです。

私も、同じ。
自分が選んだ道を支援してくださる医師に出会いたい。
医療従事者として、ご自分の道を選ぶ支援をしたい。
標準治療を受けて命の長さを求めるか、苦痛のない楽な最期を生きるか。
(標準治療のほうが命が長くなるかどうかは不明)
これは、本人(自分)が選ぶこと!です。
まだまだ、治療しないことを選択することが難しい時代ではあります。
でも、私も、少しずつ 積極的治療をしないで在宅緩和ケアだけを選ぶひとが増える時代が来るような気がしています。


長生きしたけりゃ、医者に近づくな! ・・・・ですか。
これは極論かもしれません。(お二人とも ご自分が医師ですからね!)

私もできるだけ検査を受けないほうですが、
でも、数年ごとに血糖値くらいは調べてほしいと思います。
医師や看護師であっても遺伝的な要因は避けられないですから。
高脂血症・血圧はどうでしょう?
血圧は家庭測定値が重視されるようになって良かったと思います。
(自動血圧計は、今や 一昔前の体温計レベルの家庭用品です。)
高脂血症は?・・・検査値に振り回されるより、食事を含めた日常生活全般に気を配ればいいと思うのです。
脳ドックを受けた結果「梗塞があった」「脳が少し委縮している」と悩む人を見て、なんて罪深いことかと思います。
年を重ねれば、あって当たり前のことです。
見つけたところで治療しようがないのに、心はそのことばかりにとらわれます。
心の平穏は 痛みの閾値さえも下げてしまうものです。



看護大学をはじめとするたくさんの教育機関でも、
萬田医師の講演会が積極的に開かれています。
毎週末講演会の予定が入るのですから、世の中のニーズは高いのです。
古河市福祉の森会館の講演会も 申し込み多数で嬉しい悲鳴でした。

こうした動きが、国民の医療に対する考え方を少しでも変えてくれたら・・・
そう願わずにはいられません。


難しい本ではありませんでしたが、何度も読み返しました。

実際に診ていない芸能人・有名人の例を取り上げていたことには少し抵抗がありましたが、一般の方にも読みやすくする意図もあったのでしょう。
マスコミの流す情報から、
実際に行われたであろう治療がある程度は読みとれるものです。


「近藤教」などとも呼ばれて、異端視されてきた近藤誠医師の方針が、
在宅緩和ケアの実践の中で萬田医師の共感をえるものになったら、
世の中の見る目は また変わってくるかもしれません。


どんな医療を利用しますか?

それを選ぶのは、医師ではなく、自分自身だということ。

医療を選ぶということは、支援してくれる医師を選ぶことに等しいということ。

                                  ・・・ですね。


こちらを先に読んでみてください。
『家に帰ろう~在宅緩和ケア医が見た旅立つ命の軌跡』
 萬田緑平(緩和ケア診療所・いっぽ)



関連記事
(2016/8/8)在宅緩和ケアに取り組む医師 ~高崎市:萬田緑平 医師



埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

2016年12月25日 03:29
>「病院が増えれば、病人が増える。健診(検診)をすれば、
>病人にされる。」(近藤医師)
そうかもしれませんね。
自分も今年の夏から血圧の降圧剤を飲むようになりました。
自分でも毎日血圧は測っていましたが、健康診断で150とか出てしまった為、「要治療」の結果となり、会社から医療機関を受診するように言われて、結果、薬を飲む事に。
数値が全てで、基準を少しでも超えてしまうと、はい!「薬」。
素人はその判断が正しいのかどうかも分かりません。
基準そのものも、本当にそれでいいのかも。
疑問には思いますが、会社に勤めている以上、会社の指示には従わなければいけないので、そうしていますが・・・?です。
2016年12月25日 11:17
労働者には「労働安全衛生法」による健診がありますから、最低でも年に一回 健診を受けなければなりませんね。
けれども、法定項目は、血圧や血糖・血中脂質・肝機能などの基本項目が中心です。家族を養う立場だったり若い年齢層の健康管理としては必要なものではないかと思います。生活習慣の改善につながりますから。
注意してほしいのは、がん検診項目は法定項目ではないということです。
事業所がオプションで検査項目に加えることは可。でも、その結果を本人の承諾なしに知ることは ダメ!なはずなのです。知るのであれば、その結果に対しても 事業所が責任を持つことになります。職場の健診のどこまでが実施義務のある法定項目なのか、労働者には案外知られていないことだと思います(胃透視辞退についてのブログにはまだアクセスが続いています)。

血圧が200近いタクシードライバーも仕事を続けているし、受診を勧められても放置している現実がありました。事業所は、受診勧奨していれば責任は問われない、のもまた現実のようです。
血圧が基準値内にあっても脳血管障害は起きますし、基準値をはるかに超えていても何も起こらない人もいます。「確率」の問題と考えるしかないですね。

近藤医師の言葉は、高齢になればだれにでも生じてくる機能低下に病名をつけてしまう医療に苦言を発信していると考えてください。
加齢を自然のこととして受け入れるかどうかですね。

keitaroさんは、家庭血圧も測定し記録して自己管理しても難しかったのですから、薬を使ってコントロールできればいいことではないでしょうか。
働く世代の生活習慣病関連健診の実施と対応には 意味があると思います。
2016年12月25日 11:18
加えて 指摘するならば、・・・・
すでに何らかの疾病で受診していながら、高齢者や被扶養者(労働者の妻など)が 特定健診を受けるのも、医療機関の利益と 健診実施機関が受診率UPを求められているが故。医療費・税金の無駄遣いのひとつになっている可能性が高いです。特定健診レベルの血液検査などは、おそらく通常診療のなかで定期的に行われているはずですから。
私のところにも夫の扶養者として 特定健診受診を勧める通知がたびたび届きます。それも他で受けているなら そのコピーを送るように催促してきます。法定項目以外の数値も入っている検査結果のコピーを求めるのは、どう考えても個人情報保護法をふまえた特定健診を理解していない組合です。
kaitaroさんは 内服治療を開始しましたから、以後は特定保健指導対象者からは外れましたね。


本当に医療の仕組みはわかりにくいです。

この記事へのトラックバック