「フリーランス」の看護職

私は個人で活動する保健師。
言ってみれば「フリーランス」の保健師です。

「フリーランス」というと、
ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が思い浮かぶでしょうか?

私は失敗をしない準備とイメージを持って
仕事に臨みますが、
「失敗しないので!」はありません。

高視聴率を続ける中、
・・・・「あくまで“ドラマ”です!」
医療現場の実態が正しくイメージされないなぁ、
と少し複雑な気分です。


でも、ある部分では
「フリーランス」 として目指すところは同じです。

既存の枠から外れ、
自分の力を頼りに行動することができます。
逆に 責任は自分が負うことになります。
“自由”の裏面には“責任”が貼りついています。
「自由にモノが言えるぶん、
十分気をつけてください」 とは、
公の機関に相談したときによく言われることです。

保健師に限らず、
看護職はもっと個人で活動することに
積極的になってはどうでしょう。
冒険心がないなぁ、と残念です。

組織に雇用されれば、
守られ 毎月決まった給与を得ることできます。
でも、
本当に満足して働くことができている看護職はどれだけいるでしょう。

それに、
どれだけの在宅看護職が眠っていることでしょう。

もったいないですね。
本人のスキルも、国としての看護力もです。


看護職のもつスキルへのニーズは
地域の中にたくさんあるはずでは?



看護職にも利点があります。

家庭との両立を図るには
自分と利用者の条件のマッチングを図りながら
仕事の組み方を自由に調整できます。

自分が受け負える仕事かどうか、
自分で判断できます。

組織で働いている看護職は、
時間の融通も利きません。

一人暮らしのかたの在宅医療を支えるのは、
訪問看護師だけでなく、
家族の代わりになる近所の看護職だったりしませんか?

遠くに住む家族の代わりに、
気軽に見守りを頼める関係を作っておけば、
遠距離介護→離職 という
最悪のパターンを避けることができませんか?


保育も同じです。
看護職や保育士に、(祖父母に代わって)
保育園の送り迎えや帰宅までの保育を
お願いしてはどうでしょう。

看護職なら
病児保育もお願いできるかもしれません。

お子さんが小学生になるまで、
両親のキャリアをつなぐために、
一人分の給与はすべて保育のために支払うことも
選択肢になりませんか?

介護や保育は、とても大変な仕事なのです。

質の良い・安全なケアを求めるならば、
専門職の力を利用してはどうでしょう。

高額な施設への入所を考えるより、
個人で看護職の協力をお願いし
自宅で最後まで暮らすことのほうが、
その人らしい生活を続けられるかもしれません。


高齢者の一人暮らし・在宅医療・保育所の不足 ・・・・・。


時代のニーズにこたえるのは、
柔軟に対応できる
「フリーランス」の看護職ではないでしょうか。

管理栄養士も同様です。
管理栄養士には、
一次予防としての活動のほか、
薬物療法の前の「食事療法」が現実化するよう
地域現場での訪問活動を期待したいです。



保育所とか、訪問看護ステーションとか、
規定のある事業所を開くのには
様々な制約を満たさなければなりませんが、
法に「してはならない」という決まりがないのなら、
逆に縛りはないと考えます。


保助看法に保健師の開業に関する規定はありません。
厚労省(県)も、
「特に禁止はしていません」という回答でした。

2年に1度義務づけられている「業務従事者届」にも、
保健師の開業を前提としたチェック欄はありません。
私は 事業主でありながら、
「正規雇用」「常勤」にチェックして提出します。
(適合する選択肢がないので、
そうするよう保健所から求められました)
全国でもまだ 数えるほどしかいない開業保健師ですが、
日本看護協会や厚労省も、
その存在を認識しないのですから困ります。



国民の皆さんは、
市町村の保健師(保健センター)や県(保健所)の保健師を 身近に感じられますか?
近頃では、
包括支援センターにいる保健師や看護師のほうが身近かもしれません。

市役所や保健センターに行っても、
どの保健師が対応してくれるか。
これは、「運」!の可能性が高い。
個々の保健師の能力・人柄がわかりますか?
公のサービスの保証は、
「資格」までではないかと思います。

その個人の能力や人柄が
いわば商品(サービス)の質を決めます。

フリーランスなら、
おのずとその個人についての情報を開示するでしょう。
利用するほうも 最も大切な情報を得ることができるではありませんか。

看護職にも 利用者である国民の皆さんにも
身近な看護職(例えば「My保健師」)の必要性を
考えていただきたいです。

たとえ近所にお住まいでも、
看護職には「守秘義務」があります。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック