進学準備の季節 ~絶版本をお譲りできました

Amazonに出品していた本が購入され
昨日「発送依頼メール」が届きました。
あら、まぁ!です。
即日レターパックで発送しました。

1980年代発行のもので、現在は絶版で中古しか手に入りません。
(というか、自分が大学院入学時も中古購入しかありませんでした)

なんでこんな古いものを準備するように求めるのか???
と、疑問を感じながらも
私自身も、定価より高い中古を購入したのでした。。。

さらに6~7年もたっていますから、
まさか購入希望者はないだろうけれど、
どうせ本棚に眠っている本です。
困っている人がいるかもしれない考えてと出品していたのです。

他1冊の出品は、中古でも15800円の値が!・・・エェー!です。
定価は4000円くらいなのです。
ラクマに出品しても「いいね!」が付きませんでしたので、
アクセスの多いAmazonにも出品していたのでした。
私の売値は5000円 (購入者は5257円、私の受取は4347円-送料)

私は、線をひいたり気になったことをメモしたりしながら読みますので、
絶版でなければ とても他のかたにお譲りするようなものではないのですが、状態を正直に説明して(むしろ良くない状態に説明して)、
購入していただきました。

一方で、
まだ指定図書にしているの? という驚きでもあります。
1984年に英語版の訳本として出版されたもの。。。
いくらなんでも・・・・古いんじゃないかしら?
「看護研究」を研究するのかしら?・・・なんて考えてしまいます。


ついでに、同時期に購入した本のお値段をチラチラとみましたら、
中古でも10000円くらいのお値段がついているものがたくさん!!
私の本棚に眠っている本たちには、
まだまだ読み手がいるのかもしれません。
洋書には英単語に和約の書き込みがあったり、
その他の本にもマーカー線引きがあったりしますけれど、
十分読めます。


看護系大学院が増えています。
新年度を控えて、様々な準備にお忙しいことでしょう。
本をそろえるだけでも、結構な費用が掛かるものです。

働きながら通えるような社会人コースもありますが、
大学同様 学費の負担は大きいはずです。
社会人になって
親に経済的な支援を求めるわけにはいかないでしょう。


とっておきたい本もありますけれど、多くはたぶんそのまま・・・。

もう一度本として役立てることができそうなものはないかしら?
本棚の前で考えている私です。。。

もちろん利益ではなく、学習者支援の気持ちです。


昨日発送した本が 先方様に届きました。(配達完了メール着)
あまりにも使い込まれて びっくりされていないだろうか。。。
などと 少し心配しながら、
本には、「良かったね!」 という言葉を送っています。 


本は重いので送料負担が大きいのですが、
できるだけ リユース につなげていきたいものです。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

2017年03月07日 16:58
再度 お役に立って 良かったですね。

この記事へのトラックバック