鴻巣市が日本薬科大学と連携協力ですって。

埼玉新聞(5月11日配信)によると、

「鴻巣市と日本薬科大学(伊奈町、丁宗鐵学長)は、幅広い世代の健康増進やさまざまな事業に連携協力していく包括協定を締結」
 「医療と健康をはじめ、食と薬の理解を深め幅広い世代の健康増進、豊かな地域社会の形成・発展と地域産業を担う人材の育成などを目指していく」


そうです。 (医療ニュース速報からで、詳しいことはわかりませんでした。)



クスリが前面に出てくるのは どうなのかしら??

「健康サポート薬局」制度の延長でしょうか。。。

以前の記事です。
(2016/11/22)
「健康サポート薬局」制度の届け出開始 ~薬局に健康相談能力があるでしょうか?


今でも、疑問に感じています。


何がどのように始まっていくのやら。。。(溜息)

「小学低学年対象チャレンジスクールで食材を使って電池の実験を実施」って何?


クスリをどんどん使う方向に導かれませんように・・・・と願っています。



【追記】(5月12日)
日本薬科大学のHP情報→
分かりません。。。




それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック