雨続きでも洗濯物の悩みなし ~除湿器乾燥の勧め

雨続きの毎日で、洗濯物に困っていますか?

雨が降っていても軒下に洗濯物を干しているお宅を見かけました。

乾くのでしょうか?




何度かご紹介していますが、
我が家の場合は、約30年前から洗面所に除湿器を置いています。

夜洗濯して洗面所に干し、朝には収納してしまいます。

お天気関係なし!

洗面所と浴室です。
(築28年ですが…公開)
画像

















洗濯機の前に置いているのが除湿器です。
(隣のカゴには洗濯ネット)

洗濯機の前、除湿器の上に突っ張りポールが渡してあります。
浴室内にももう一本。


夕食後、洗濯が終了するとすぐに干してしまいます。
作業動線はとても短い。
干す時間も5分と掛かりません。

そして、朝起きたら収納。
実は洗濯機の向かい側が収納スペースです。
タオルや下着・靴下その他の日常着は、
取って 畳んで 反対側の棚に収めます。
残りの台所用のタオルやワイシャツなど個人保管品は
洗面所を出るときに持って所定の位置に収める。
片付け時間も5分と掛かりません。

浴室は最後に入浴した人が掃除して軽く水けをふきとっておくルール。
洗濯物を乾かすと同時に、浴室も乾燥してカビも防げます。



雨だと「洗濯物が、・・・・」 と困っている人の観念は、
洗濯物=太陽・外干し・朝洗濯 なのでしょう。

シーツ類や布団など大きなものは
お天気の良い日に外の物干し竿を使います。

でも、
花粉や土埃、ご近所の草焼きスス、・・・。
外干しにも困りごとがあります。
室内干しのほうが短時間でカラッと乾きますし
陰干しになりますから繊維も傷まないと思います。



自分の“常識”は、自分の育った環境の中でつくられる。

息子たちは二人とも
一人暮らしを始めるとともに除湿器を購入しました。
洗濯機などと同じ必須家電の意識です。

梅雨時には
自分がいない間(昼間)、除湿器を稼働せさせておくのも習慣。



除湿器は据え付け型もあるでしょうが、
壊れた時のこと
必要時には他の部屋でも使えることを考えて
床置式を選んでいます。
木造11畳タイプの大型ですからパワフル。

お勧めは気温に関係なく働くハイブリッド式です。
(コンデンサ式・デシカント式もお試し済み)




Amazonのほうが お安いかもしれません。
(最安42600円)

新型も出ています。



夫のYシャツは別に手洗いし短時間脱水。
これでアイロンも不要です。



家事はやり方次第でちっとも苦になりません。
工夫次第でどんどん楽になる。

動線に合わせた物の配置は大事です。






それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック