骨のために歩いてみようか ~買い物は自転車から徒歩へ

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。HP

昨日放送のNHKスぺシャル『人体 第三集 骨』

画像












ご覧になりましたか?


骨に重力をかけることの大切さは
もちろん知っていましたが、

骨から出される伝達物質(オステオカルシン)の研究がここまですすんでいるとは驚きました。

骨が成長しすぎるという難病があるなんて
こちらもびっくり。
頭蓋骨を外して内側を削る治療とは!
世界中には想像もできない病気があるのですね。



メディアの影響を受けやすい夫は、
(私が勧めたこともありますが)
録画してあった番組を見終わったとたん、
「そっかぁ。
自転車はあんまり運動にならないんだね。
縄跳びでもするかぁ。」

(私)
「ちょっと 待ったぁ。年齢を考えてよ。
膝を傷めたらどうするの。
踵落としくらいにしておいて欲しいなぁ。」

“踵落とし”は、
かかとを上げてつま先立ちになった姿勢から
カカトをトンと落として、
骨に刺激を与える運動です。
自分の体重を使うだけの簡単な方法。
立位が不安定な場合は、
椅子の背もたれにつかまってもできます。

(夫)
「歩くのはいいんだね。
よし、これから歩いてくる。」 

いつもながら 素直。

今日は、なかなか戻ってきませんでした。
荒川土手沿いを隣町まで足を延ばしたそうです。

そして、午後のスーパーへの買い物も
自転車の方に向かわず、歩いていっちゃいました。

いつまで続くかはわかりませんが、
この実行力にはいつも感心します。




私はというと、・・・・

外に行くときは自転車が主です。

車を使うのは近場で雨が降った時だけです。
健康のためというより、運転が苦手だから。

庭仕事はしゃがんだ姿勢が多く、
骨を刺激するような運動にはなりません。
踵落としをすればいいのですが、
これまでも習慣になっていない。

スーパーや郵便局は十分歩ける距離です。
歩いて買い物に行くようにしてみようかしら。
そういえば、
姪はわざわざ遠くのスーパーまで歩いています。


問題は買い物した荷物の運搬ですね。

買い物用のカートを使う?
でも、
シルバーカーのようなのでは嫌ですよ。



ありました!
スペイン発のオシャレなカート。
ROLSER
車輪も大きく、がたつきが少ないという評価です。







1日おきに買い物に行くので
このくらいの大きさでちょうどよい。

カートは折りたたむと奥行14cmと
コンパクトになります。




それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP


専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ
1月末まで初回限定1080円OFFキャンペーン中

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック