埼玉県鴻巣市【NPO栄養サポート みかん】の活動開始!

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~




 *  *  *  *

画像











埼玉県鴻巣市で
【NPO法人栄養サポー トみかん】
が活動を始めます。


メンバーは (2018年5月現在)
 管理栄養士   8名
 保健師     1名
 看護師     1名
 介護の専門家  2名
 
25年以上の経験をもつ
ベテラン管理栄養士たちが中心になって、
訪問栄養相談サービスを準備中。
こちらが主事業です。



私は保健師として参加します。

6月から一足先に 事務所を使って
地域の方々の集いの場
『わがまち相談室 みかん』をオープン

毎週水曜日の午前中が定例日

誰もが気軽に参加して楽しめるサロンを目指します。

管理栄養士(NPO代表)
保健師・看護師
介護制度の専門家  が在室して、
個別の相談にも対応いたします。
ここが『みかん』の強みです。



「介護予防」を主に
高齢者を対象としてスタートしますが、

2010年に新宿区で秋山正子さんが開設した
「暮らしの保健室」のように、

すべての世代が利用できる
人と人を繋げる地域ステーション
を目標像にしています。

若い世代にも立ち寄っていただきたい。
そう考えているのは、今のところ
メンバーの中で私だけ?かも。

少しずつみんなの意識を動かしていきたい。(笑)



私は、
「一次予防」が大事!とずっと考えています。
近頃でてきた「ゼロ次予防」という概念も含めてです。

若い時からの生活習慣の積み重ねが
年を重ねるごとに表面化してきますよね。



健診の結果を見て、
気になりだしてから「どうしよう!」
で良いでしょうか?

メディア情報に振りまわされていませんか?

流行りの言葉に惑わされていませんか?

サプリメントを始めとして
企業は基本的に営利を目的としています!

医療者とていろいろ。。。
安易に信じては痛い目を見ます。

情報のあふれる時代だからこそ、
健康・医療に関する情報の選択・理解が
とても大切な力になります。
これを「ヘルスリテラシー」といいます。


私、本当は開業した時から
自分で「保健室」を始めたかったのです。
自宅を解放したつもりですが、
どうやら敷居が高かったよう。。。(残念!)

だから、
お話をいただいて、
即答で協力を決めました。

これから作り上げていく事業だからこそ、
利用者である市民の皆さんの声を大切にして
育てていくことができます。


6月6日 オープン! (^^♪



 *  *  *  *



それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。


女性専用電話相談ボイスマルシェは
匿名でご利用いただけます。
専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ
※【5月末日まで】新規会員登録でカウンセリング料金1000円分オフ!詳細はこちら>
 ⇒お試し25分が通話料込2160円です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック