「マネーデータベース『製薬会社と医師』」WEB公開

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~




 *  *  *  *

画像













(記事の下方にリンクがあります)

クスリの消費者(利用者)は国民ですが、
処方権を持つのは医師。

医師の倫理を信じてのことです。

でも、実情は
ディオバン事件で明らかになったように
製薬会社と医師の間には
望ましくない関係が生じることも否めません。


権力・権威の利用は政界の限らず、でしょう。

そこで ⇓
 
 ~  ~  ~  ~

製薬会社から医師への資金提供を透明化 データベース公開
NHK NEWS WEB
(2019年1月15日 15時30分)

製薬会社から医師に
講演料や原稿執筆料として
資金提供されることが多くありますが、
医師が受け取った金額を検索できるデータベースが
15日、公開されました。
アメリカやドイツでも同様の取り組みが行われていて、
作成したNGOは
「情報を透明化することで、
医師が金銭の提供を受けた製薬会社を優遇することはないか
チェックできるようにしたい」
と話しています。
 
ウェブ上で公開されたのは
「マネーデータベース『製薬会社と医師』」
~あなたの医者をみつけよう

(ワセダクロニクルと特定非営利活動法人の医療ガバナンス研究所)
です。


 ~  ~  ~  ~


「製薬会社から医師に
講演料や原稿執筆料として資金提供」
のレベルの金額でしょうか???

医療を利用する皆さんは
ここから何を感じますか?



 *  *  *  *



それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。


女性専用電話相談ボイスマルシェは
匿名でご利用いただけます。
専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ
※【1月末日まで】新規会員登録でカウンセリング料金1000円分オフ!詳細はこちら>
 ⇒お試し25分が通話料込2160円です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック