舌がんと口内炎を見分ける3つのポイント(日本口腔腫瘍学会理事長 桐田忠昭氏)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~




 *  *  *  *

20197031.png

口腔がんは
がん全体の1~2%と推定される
希少がんですが、

堀ちえみさんの舌がんが報道されてから
舌がんを疑って受診するかたが多くなって、
報道後
診断数は1.5倍ほどに増えているそうです。


日本口腔腫瘍学会の理事長で
奈良県立医科大学口腔外科教授の桐田忠昭氏
によると、
舌癌と口内炎を見分ける3つのポイント
(1)病変の中心部に潰瘍形成を伴っている
(2)病変に赤い部分と白い部分が混在している
(3)触診で腫瘤が確認できる



口内炎って
「ちょっと疲れたからかな。」なんて
軽く見てしまいがちなもの。

でも、
口腔内は目視できる部位です。

上記のポイントすべてにあてはまったら、
悪性腫瘍である可能性が高いと考えましょう。


舌がんは口腔がんの中で最も多く
約50%を占めます。


口腔がんの
最大の危険因子は喫煙
飲酒も危険因子とされていますよ。
(どうして日本人は飲酒に寛容なんでしょう)
最近は、
子宮頸がんの原因となる
ヒトパピローマウイルス(HPV)などのウイルス感染
も関与するとわかってきました。
HPVは性的接触が感染経路です。

※子宮頸がんワクチン問題については関心がありますか?
世界的には女性だけでなく男性への予防接種も始まっているというのに、
日本はマスメディアの「副反応」報道とそれに踊らされた世論によって
今、国は「積極的勧奨は一時的に差し控える」という状況のままです。
世界的に見て日本は「ワクチン後進国」



「○○(食品・成分)はがん予防に良い」などの情報に
エビデンスはないでしょう。
(売り手の営利情報ですね)

そんな中で、 感染症とがんの関係ははっきりしています。
胃がん(←ピロリ菌)
肝臓がん(←肝炎ウイルス)
子宮頸がんその他(←HPV)



ここ数年の「子宮頸がんワクチン問題」について学んでいるなかで
舌がんについて考えることになりました。

この後、
子宮頸がんワクチン問題について
書いてみようと思います。


 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。


女性専用電話相談ボイスマルシェは
匿名でご利用いただけます。
専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ
※【7月末日まで】新規会員登録でカウンセリング料金1000円分オフ!詳細はこちら>
 ⇒お試し25分が通話料込2160円です。

この記事へのコメント