「認知症世界」のお出かけ ~2019 認知症未来創生ハブ作成の記事 紹介⑧~ 

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *

認知機能の低下を予防することは難しい。

だから

「認知症にならない」を目指すのではなく、

「認知症とともによりよく生きる未来」をめざす。


そのためには、
「認知機能の低下」は
生活にどのように困難をもたらすのだろう。
どんな工夫ができるのだろう。
それを知る必要がありますね。

このサイトは実に分かりやすいです。


認知症未来共創ハブ
代表 堀田聰子
(慶應義塾大学大学院教授)

から発信されているシリーズ
 ⇓ ⇓ ⇓

【認知症世界の歩き方 ⑧】
(11月15日)
アルキタイヒルズ
幸せな思い出とともに歩き回れる街 


「この世界には、昔の記憶が次々と呼び起こされ、まるで昔の記憶の世界に迷い込んだかのようにどんどん歩みを進みたくなる、街があるのです。
・・・
他の人には、なかなかわかってもらえませんが、私には、私の大事な用事や大切な思い出があって、そのために一人で出かけています。」

column_008.png(FBで公開投稿されていますので画像も含めてシェアします) 


みんなで見守れば 幸せな気持ちで暮らせる😊

「認知症になっても安心して外出できる町」を目指した
大牟田市の取り組みも紹介されています。

   ~  ~  ~ 

「徘徊」という言葉をどう思いますか?

徘徊の意味を調べると、
「あてもなく歩き回ること。」
なんて書いてありますね。

ご本人には目的があるんです。
「徘徊」は とても失礼な言葉だと思います。


みんなの優しい眼があれば
幸せな気持ちで安心して外に出られるってことです。


 *  *  *  *

それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント