朝日新聞社が 不適切な書籍広告掲載について認めた

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *

今朝の朝日新聞朝刊

74532802_560591781384863_6302207260919595008_o.jpg


朝日新聞社が 昨日の投稿で取り上げた書籍広告掲載について
不適切だったことを紙面上で認めました。
(「謝罪」はしていない と私は思う)

「新聞にでていたから」とか
「テレビでやっていたから」は
情報の信頼性に関係ありません。

当たり前なんです。
広告料で成り立つ新聞・テレビなんですから。
本を売りたい広告依頼者はお客様です。
ブームにのって視聴率・売上げをのばそうとする
テレビ番組や週刊誌も同じでしょう。
さらには食品業界の動きもそう。


科学的根拠がはっきりしない“治療”に騙されないでほしい。
そのためには、
「この健康情報で利益を得るのは誰か?」
そう問いかける習慣をつけることです。

それが《ヘルスリテラシー


 *  *  *  *

それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント