一斉休校 ⇒ 子どもたちの過ごし方(感染専門医 高山義浩医師より)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *


「首相の要請」とやらで
国民の生活が簡単に規制される現実に、
昨日は
一時 思考停止し、
その後 モンモンとして過ごしました。


「首相の要請」って何なんだ❓

「自治体ごとに判断いただければ良い」と言っても、
わが県も 市も 即刻「首相の要請」を受けて
各種「通知」を関係者に出したようです。
(過去を顧みれば当然のように予想されたことですが)


私は、
法治国家なのだから
『新型インフルエンザ等対策特別措置法(2012年)』
に基づいて動くべきだという意見に賛成。
(「等」に、COVID-19が適用される)

いつから首相の権限がこんなに大きくなったんでしょ。


子どもをもつ医療職はどうすればいいの?
医療体制は強化しなけりゃならないのに。。。
ギリギリの労働環境で踏ん張っている医療機関はどうなるの?
24時間体制で働く人がいるから成り立っている暮らし。

こういう時こそ
「ママ友」に機能してほしい。
仕事を休める人は
「あなたの子どもは私に任せて」って言ってほしい。

時給報酬で働く人の暮らしも気になります。


日本の政治はオカシイ。
そんな気持ちを強くした一日でした。



これまで、

日々刻々と変わる状況の中で
感染症専門医として分かりやすく事実を伝え、
国民のとるべき行動を示してくれていたのが高山医師です。

(日中何度もアクセスしたのですが意見が出ない・・・)
昨夜遅くに
「(一斉休校を受け入れる気持ちになったところで)、
休校中の感染対策について考えてみます。」
って、FB投稿がありました。
こちらです。
↓ (FB参加者)↓
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2722809821105841&id=100001305489071



そして今日夕方
同じ内容がヤフーニュースで配信されました。

DSC_1246.JPG

子供たちが新型コロナウイルスに感染しない過ごし方は?
<友達の家に遊びに行くのはOK? >
<公園で遊ぶのは? >
<図書館は? >
<学童は? >
子供たちを新型コロナウイルスの感染から守る方法を、
感染症医の高山義浩医師が伝えます。
  ↓ (ハフポスト) ↓
2/29(土) 16:13配信



最後の問いは、
<子どもを祖父母の家に遊びに行ってもいいですか…?>
地域での流行が始まったら、祖父母の家には遊びに行かせない
あえて言い切りますが、新型コロナウイルスから守るべきは高齢者であって、元気な子供たちではありません。感染を広げない目的の一斉休校ですが、そのことで高齢者を危険にさらすとしたら本末転倒です。
ですから、今後、地域での流行が始まったときには、祖父母の家には遊びに行かせないこと。長期に孫を預けるつもりなら、流行がはじまる前に疎開させてください。良くないのは、田舎にいる祖父母と都会にいる孫が春休みだからと相互に行き来すること。この流行が収まるまでは、ネット経由によるビデオでの対話を活用するなど、高齢者の隔離性を保つことに力を入れてください。


この辺りが一番考えどころだと思います。


TVが引っ張り出すような「自称専門家」ではなく、
本物の専門家の意見を頼りにしていただきたいと思います。


 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント