【沖縄での感染症医と倫理学者の対話 第一部】

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~




 *  *  *  *


《第一部 患者数の増大に地域医療は持ちこたえられるか?》


3月30日
沖縄の高山医師の自宅で
金城隆展さんとお茶を飲みながら話。
羨ましい 

DSC_1357~2.JPG

高山医師は、
新型コロナについて
常に冷静に分かりやすい言葉で情報を発信しています。
多くの医療者がその行動を信頼し
発信される情報を頼りにしていますよ。


高山義浩先生のプロフィール
厚生労働省・沖縄県立中部病院(感染症医・在宅医・行政医)
日本医師会[ドクタラーゼ]での紹介
FBページ↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100001305489071

金城隆展先生のプロフィール
琉球大学医学部附属病院 (臨床倫理士・倫理コンサルタント)
FBページ↓
https://www.facebook.com/takanobu.kinjo

沖縄の感染対策が日本一のような気がします。
厚労省の専門家会議に加わりながら、
地元の地域医療福祉関係の会合にも
積極的に参加しアドバイスする。

権威とは真逆の、謙虚で身近な存在ですね。
厳しい現実の中で
最善を見つけようとする姿が素敵です。

自分の発信への意見を求め
必要に応じて修正するし、
一般の人からの質問にも適宜答えてくれます。



3月30日から数回に分けて
いま、高山医師が考えていることを
金城先生との対話を通して
伝えてくれるそうです。

今とこれからを考えるために
ぜひ読んでみてください。

第一話 ↓(FB記事)↓





《第2部》は「増大する重症者に人工呼吸器は足りるのか?」
続けてご紹介予定です。


 *  *  *  *

それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント