スウェーデンは「ウイルスの封じこめより共存」という作戦

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *

9cd283733f91dbff658a082c3753a717_t (2).png


【ロックダウンも休校もしていないスウェーデン。
一体どうなっているのか。
国民感情はどうなのか。
貴重な日本語での現況レポートです。】
という
森田洋之医師の投稿で知った記事です。
 ↓ ↓ ↓
【続編】コロナ対策にみるスウェーデン最新
2020年4月18日 ダールマン容子



《以下 私見です》

日本の日々の報道は感染者数・死亡者数ですが、
検査体制が異なるので感染者数は意味がなく、
人口当たりの「死亡率」を比較指標とするべき←YES!

日本は人口100万人あたり1.08 (←驚異的に低い)、
スウェーデンは119.12 です。
(ヨーロッパ各国の数字に比べるとけして高くない)
上記サイト中に各国の数値があります。

毎日40人の死亡者は出ているものの
「医療崩壊は起きていない」という。
ICUからの生還率は80%
(⇑「助かる見込みの高い人」に
集中治療をしているということ)
私は、
医療の使い方としてスウェーデンの考え方に賛成です。
(日本はハイリスクで助かる見込みの低い人にまで
ECMOまで使っているようですが、
これからはそうはいきません。
こんなことしていたら、
医療従事者の士気が持たないとも思う。)

スウェーデンは
「ウイルスの封じこめより共存」という作
戦です。

結果は未来にしか分かりませんが、
このレポートを読んでいて
バランスが良いなぁ と感じました。
このままうまくいけば
どこの国より復興が早いように思う。

そしてその基盤にあるのは、
政府への信頼(情報の透明性)があること。
ドイツもそうですね。
日本は・・・。


解釈はそれぞれだと思います。
考える材料としてどうぞ。



森田医師のこちらの投稿も見てほしい。
左下から3番目のスカイブルーがJapanです。
日本は超優秀国なんです。
コメント議論も有益です。↓↓↓




 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント