症状のない人のマスク

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~




 *  *  *  *
DSC_1454~2.JPG


なぜ一般の人が
これほどサージカルマスクを欲しがるのだろう。
予防なら マスクより手洗いが有効なのに。


自分も感染しているかもしれないから、
近距離での接触の機会には
マスクを着用します。
それも布マスクで良い。

宅配便や郵便配達のかたには
言葉でなく (←唾液を飛ばさない配慮)
笑顔で会釈してお礼を伝えます。

サージカルマスクが必要なのは、
感染者と密に接する医療機関従業員や
街のなかで不特定多数の人と対面して仕事をしている人、
混雑した公共交通機関を利用して通勤する人、
粉塵を扱う仕事の人、
花粉症を含めて何らかの健康上の理由がある人、
などでは?
(その他にもあるでしょう)

最もリスクの高い医療機関で
サージカルマスクを消毒しながら
不足に対応している現実を知ってほしい。

「感謝」の言葉より 行動で協力してほしい。
そう願っています。

布マスクを使う(作る、買う)人が
少しずつ増えていくのが嬉しい。


《忽那賢志 医師》
感染症専門医。2012年より国立国際医療研究センター 国際感染症センターに勤務。感染症全般を専門とするが、特に新興再興感染症、輸入感染症の診療に従事。
↓ (前半は難しければ飛ばして後半へ)
(yahooニュース4月26日)
症状がない人もマスクをつけるべきか?
忽那賢志 | 感染症専門医




正しく使えなければ
マスクも消毒液も無駄になるだけなのに。。。

「○○のドラックストアにマスクがあった」
という情報に
地元FBでは「いいね!」とコメントが集まる。

正しく恐れるとは
こんなにも難しいものなのかと悲しくなります。


 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント